編集者の給料・年収

給料は実力主義

編集者は毎月どのくらいの給料を貰っている?また年収はどのくらい?と疑問に思うのは当然です。編集者は公務員とは逆で、完全実力主義の世界でもあります。

悪く言えば、できない人は数年経たないうちに消えてしまいます。良く言えば、できる人はやっただけ評価され、重い責任も任されます。

平均的な給料は?

では給料と年収はどのくらいなのか。年収で言えば、大体250万円から700万円の幅が最も多いでしょう。平均は400万円から500万円の間くらいです。しかし、才能ある編集者であれば1千万円を超す人も出てきます。自分が発案した企画が通り、雑誌にして売れ行きがよければその分評価されます。

しかし、基本的に編集者というのは安い給料で、しかも激務と考えた方がいいかと思います。1千万円クラスの編集者などそうそういませんし、年収300万未満の人はごろごろいます。そんな世界です。

名の通っている出版社や、一つでも有名な本を出しているところであれば、給料や待遇もそこそこは保障されます。一方編集プロダクションはそれぞれカツカツで仕事をしているので、給料面はもとより、待遇面が厳しいのが現実です。

もし、高給取りになりたいのであれば、大手の出版社に入社するか、もしくは編集プロダクションで、自分の企画が成功したり、出世して編集長の座を収めるのがいいでしょう。

仕事にやりがいがないと続かない

編集者になりたい人は主に本を作る作業に憧れる、自分は文章を書くのが好きだから、読書が好きだから、そんな人かと思います。しかし、そんな安易な気持ちだけでは長続きしないのが編集者という職業です。

安い給料の上に終電を逃して会社で就寝ということは日常茶飯事ですし、締切近くはみんなピリピリして異様な雰囲気が漂っています。もし編集者になりたいと言う人は、給料ではなく、仕事面に対してやりがいを持つことが肝要となります。

仕事体験談