編集者の給料・年収

給料は実力主義

編集者は、会社員として出版社や編集プロダクションに勤めている人と、フリーランスで働いている人がいますが、いずれの場合でも実力主義の世界となっています。

良くいえば、できる人はやっただけ評価され、重い責任も任されるようになり、給料がアップします。若くてもものすごく能力があると認められれば、大きな収入を得ることが可能になります。

しかし、できない人は数年経たないうちに消えてしまう厳しい世界でもあります。

平均的な給料は?

編集者の年収は、だいたい250万円から700万円と人によってだいぶ異なるようです。平均は400万円から500万円の間くらいです。

しかし、才能ある編集者であれば年収1000万円を超す人も出てきます。自分が発案した企画が通り、雑誌にして売れ行きがよければ、その分評価されます。

しかし、基本的に編集者は安い給料で、しかも激務と考えたほうがよいでしょう。年収1000万円クラスの編集者などそうそういませんし、年収300万未満の人がごろごろいます。

名の通っている出版社や、一つでも有名な本を出している出版社であれば、給料や待遇もそこそこは保障されます。

一方、編集プロダクションはカツカツで仕事をしているため、給料面はもとより、待遇面が厳しいのが現実です。

もし、高給取りになりたいのであれば、大手の出版社に入社するか、もしくは編集プロダクションに入って自分の企画を成功させるように努力したり、出世して編集長の座を得たりする必要があるといえるでしょう。

仕事にやりがいがないと続かない

編集者になりたい人は、「本を作る作業に憧れる」「文章を書くのが好き「読書が好き」といった思いを持っていることでしょう。しかし、そんな安易な気持ちだけでは長続きしないのが編集者という職業です。

安い給料のうえに終電を逃して会社で就寝ということは日常茶飯事ですし、締切近くは編集部内みんながピリピリして異様な雰囲気が漂っています。

もし編集者になりたいという人は、給料ではなく、仕事面に対してやりがいを持つことが肝要となります。

仕事体験談