俳優・女優の大変なこと、苦労

続けることの大変さ

芸能界という華やかな世界で活躍する俳優や女優という職業は、非常に夢のある仕事に見えます。

たしかに、その交友関係などを見ると非常に魅力的です。しかしながら、その影には並々ならぬ苦労や大変なことがたくさんあるのです。

その一つは、人気商売だということです。

いくら美しい見た目を持っていても、演技力がなければ有名にはなれません。あるいは、素晴らしい演技力があっても、良い作品や良い制作陣に出会わなければ、日の目を見ることはなかなかないでしょう。

売れない役者は、日々バイトをしながら、オーディションを受ける日々が続きます。

単に、「有名になりたい」「芝居が好きだ」という思いだけではなかなか下積み時代を耐えることはできないでしょう。

どんな苦境でも精神的に負けることなく、役者を続けようとする心をもつことは非常に大変です。

それを覚悟した上で、俳優・女優の道を進むことが必要です。

日々の努力

役者は誰かを演じるのがその仕事の本質です。そのためには、役作りが必要です。

台本にある人物を深く読み解いたり、監督や演出家とディスカッションをしたり、その方法はさまざまです。

いくら演じ手としてのセンスがあったとしても、日常から演技のアンテナをはっていないと、そう簡単には人間を演じることはできません。

たとえば、街を歩いているときは常に人間観察をすることも大切です。あるいは、日本や世界で今、どんなことが怒っているのかをニュースを見たり、新聞を読んだりして、学ぶことも俳優・女優にとって必要なことです。

つまりは、日々の生活には役者として勉強できる教材がたくさん転がっているのです。

世の中の出来事や人々にアンテナを張っていることが、演技につながります。有名な役者になるためには、このような努力も大切です。

プライベートがなくなる

有名になった後も、俳優・女優には大変なことが多いです。

これは芸能人全般に言えることですが、完全なプライベートがなくなります。人気俳優や人気女優になればなるほど、芸能レポーターや週刊誌から追われることも多いでしょう。

さらに、今ではインターネットをめぐるトラブルもあります。

大手の事務所に入っている場合は、事務所が守ってくれることもありますが、それでもプライベートがなくなったり、精神的に傷ついたりする可能性は高いです。

一般人のような生活ができなくなることにも耐えていかなければ、俳優や女優という仕事はできないでしょう。