俳優・女優に向いている人・適性・必要なスキル

俳優女優に向いている性格・適性

人前に出るのが好きな人

人前に出るのが好き、目立ちたいという思いがある人は、この仕事に向いているでしょう。

しかしただ「目立ちたい」という思いだけで役者になることはできません。

自分だけが目立ちたいと考えるのではなく、作品の中で自分はどのような立ち位置なのか、どのような芝居を求めているのかなどを考えることが大切です。

人間観察が好きな人

役者は、「誰かになる」ということが仕事です。

学校の先生や友人などの特徴をとらえ、モノマネをするのが得意な人は、役者の適性があるといえます。

人間観察が好きで、その人にどんな特徴があるのかをきちんと捉えられる人は、そこから役柄を作り上げることで、さまざまな役になることができるでしょう。

求められた期待に応える力

容姿が淡麗な人物は、それだけで役者としてのアドバンテージが高い一方、個性的な容姿の人にしか演じることができない役柄もあります。

そういう意味では、自分自身の見た目やキャラクターを、しっかりと客観的に理解していることが俳優・女優には重要です。

さらに役者は監督や演出家に支持された演技を理解し、具現化しなければならないため、自分が求められていることを理解し応えられる能力がある人も俳優・女優に向いているといえるでしょう。

俳優・女優になるには

俳優・女優に必要なスキル・能力

自分だけの個性

多くの俳優・女優志望者のなかで抜きんでた存在となるためには、個性が欠かせません。

容姿の個性だけではなく、ファッションに現れる個性、言葉の使い方の個性、学歴や職歴などの個性など、さまざまな部分でその人だけの持ち味があるかどうかが求められます。

最近活躍している俳優や女優の中にも、幼少期を海外で過ごしたため語学堪能な人や難関大学出身の高学歴な人、他の職種から転職した人など、珍しい経歴を持つ人が多く活躍しています。

「他人とは違う何かがある」ことが、その人自身のキャラクターや演技を際立たせることに大きく役立ちます。

コミュニケーション能力

俳優や女優としてやっていく上でとても大切なのは、コミュニケーション能力です。

この仕事は、常にたくさんの人のチームワークの中で仕事をしていくため、この道で成功できるかどうかは、

・マネージャーや芸能事務所の関係者と信頼関係を築けるかどうか
・テレビや映画のプロデューサーや現場監督と対等に意見交換ができるかどうか
カメラマンスタイリストなどの現場のスタッフに親しまれる存在になれるかどうか

といったことで左右されるのです。

誰にでも気持ち良い挨拶ができ、その場にふさわしい言葉遣いができ、細やかな気配りができるような人は、多くの人に応援してもらえるようになります。

「またあの人と一緒に仕事がしたいな」と思われることが、新たな仕事へとつながり、さらなる成功へとつながっていきます。

チームワークで仕事をしているのだということをしっかり認識しながらコミュニケーションをとることが、この職業に就く上でとても必要なことなのです。

俳優・女優に向いていないのはどんな人?

俳優・女優として「自分が1番になりたい」という思いを持つ人も多いでしょう。

しかし、俳優・女優は目立つことや1番になることが大切なのではなく、どのような演技をしてどのような結果を残したかです。

どれだけ自分の満足のいく演技ができたとしても、それが監督や演出家の求めるものではなかったり、共演者から受け入れられなかったりすれば、役者としては失格です。

目標を持つことは大切ですが、あまりに悪目立ちをすることは役者の仕事を失うことにも繋がってしまうため、場の空気を読み、そこにマッチした演技や振る舞いができることが重要です。