俳優・女優の1日のスケジュール・生活スタイル

俳優女優の業務スケジュール

多忙な生活

俳優・女優は、一般的な職業の人々とは違った生活を送っています。

9時から17時まで勤務、というような型にはまった就業時間になることはありません。

ドラマ・映画の仕事が入っているときは、曜日に関係なく朝は非常に早い場合が多く、撮影の終了は深夜になることもしばしばあります。

現場に拘束される時間が長い日々の中で、合間の時間に、台本を覚えたり役作りをしたりすることが求められます。

またその他にも、作品のプロモーションのための番組出演や雑誌のインタビューなどの仕事もこなしていかなければならないため、相当の時間を仕事に割かなければなりません。

舞台役者の場合

舞台を中心に活躍する俳優・女優の場合は、ドラマのように早朝から仕事がスタートするということはまれですが、長期公演の舞台の場合は、全国を飛び回る生活になります。

多忙な毎日をどのように過ごすか?

多忙ななかでも、体力維持と体型維持のため、食生活や体力トレーニングも行っている俳優・女優がほとんどです。

多忙な芸能界で仕事を続けるには、忙しい日々をどう過ごすかも非常に重要なポイントになっているといってよいでしょう。

また映画や舞台鑑賞など、自分自身の見聞を深めて、芸能人としての魅力を深めていくことが求められます。

俳優・女優は、演技の幅を広げるためにも日々をどのように過ごすかが大切です。

ドラマ撮影中の俳優の1日

04:00 起床
早朝ロケがあるため、日の出前に起きて事務所の車で自宅を出発します。
05:00 現場へ
マネージャーが運転する車に乗ってロケ現場へ向かいます。
05:30 撮影開始
周りのスタッフと連携しながら、スムーズに該当シーンの撮影を進めます。
09:00 休憩
撮影の合間には他の出演者と積極的にコミュニケーションをとります。
09:30 再び撮影
残りのシーンの撮影を行います。
12:00 撮影修了・移動
きょうの撮影分は終了です。
車に乗り、都内のスタジオへ移動します。
13:30 雑誌取材・撮影
雑誌に掲載されるインタビューを受け、写真撮影を行います。
雑誌によって読者が変わるため、話す内容やポーズなどを考えながら変えていきます。
17:00 終了
仕事が順調に終わったため、自宅に戻ります。
20:00 台本を読み込む
翌日の撮影に備えて、台本を再度確認します。
21:00 就寝
翌朝も早朝から仕事のため早めに就寝します。

舞台の本番がある日の1日

06:00 起床
08:00 楽屋入り
楽屋に向かい、関係者へのあいさつや打ち合わせをします。
09:30 リハーサル
本番と同じ状況で行い、問題があればすぐに対応します。
11:30 休憩
12:30 メイク・最終準備
メイクなどの最後の準備を行いながら、最終的な変更点はないかを確認し打ち合わせます。
14:00 昼公演
16:00 昼公演の反省会
昼公演で発生した問題や課題などがあれば、夜公演まで休憩や台本チェックなどを行います。
18:00 夜公演
20:00 反省会
その日の公演で判明した注意点や反省点を洗いざらいにします。
21:00 解散
会場の貸し切り時間が決められているため、舞台が終わったあと長々と残ることはあまりありません。
22:00 役者仲間と夕食
夕食を取りながら、その日の舞台の話や演技プランを話し合います。
24:00 帰宅