俳優・女優になるには

俳優女優になるまでの道のり

劇団に所属する

まずあげられるのは、劇団に所属するという方法です。

日本には大手の劇団や、小劇場を中心に活動する小劇団があります。

各劇団には入団のためのオーディションがあり、合格すると晴れて劇団員として活動できるようになります。

入団後は、役者としての基本的なレッスンを受けながら、芝居の本番までの雑務などもこなします。

最初のうちは、小さな役からスタートしますが、頭角を現せば大きな役も回ってくることもあるでしょう。

劇団に入団する役者は、たいてい劇場を中心に活動していますが、芝居を観たドラマや映画の制作者から声をかけられたり、自らオーディションを受けたりして、テレビドラマや映画に出演するチャンスを掴むこともあります。

芸能事務所に所属する

次にあげられるのは、芸能事務所に所属する方法です。

事務所のオーディションを受け、研究生になり、そして、基本的なレッスンを受けながら、映画・ドラマのオーディションに挑みます。

大手芸能事務所の場合、事務所が主宰する芝居や映画もあるので、その作品に出演することもあるでしょう。

他職種から転身する方法も

近年多いのは、モデルから役者に転身する方法です。

歌手と役者、アイドルと役者の仕事を両立させる人もいます。

俳優や女優以外の他職種から転身して活躍する道は、すでに知名度や人気があるので成功しやすいともいわれています。

そのほかの方法

最近では少なくなりましたが、現在活躍中の役者に弟子入りし、その役者の身の回りの世話をしながら演技を勉強したり、自ら小劇団を作ったり自主制作映画の団体を作ったりして自分の芝居を追求するなかで認められ、役者になるというルートもあります。

またスカウトがきっかけという人もいます。

モデルのように容姿だけを見てスカウトするということはそれほど一般的ではありませんが、芸能事務所の関係者が劇場で芝居をしている役者を見て事務所にスカウトするということはあります。

オーディションは避けては通れない

どのような道をたどるにしても、オーディションは避けては通れません。

芸能事務所や劇団、映画やテレビの制作者は、さまざまな役柄のオーディションを行っています。

芸能事務所や俳優養成所に所属しながら応募することもできますし、どこにも所属せずにまったくの一般人として応募できるケースもあります。

無名だけど光るものがある原石を発掘することを目的としている場合や、まだ世間に何のイメージもついていない素人を求めている場合もあるので、演技力や経歴に自信がなくても思い切って応募してみるのもひとつの手です。

俳優・女優になるための学校の種類

俳優・女優になるための勉強ができる学校として、芸能事務所や劇団が開いている養成所があります。

発声練習やダンス練習などの役者としての素養から、実際の演技のレクチャーを教わることができ、芸能事務所や劇団に所属している先輩の俳優・女優、あるいは演出家から直接受けることができるレッスンは貴重な時間となるでしょう。

学費は養成所によっても異なりますが、年間で数十万円ほどは必要になることが多いようです。

俳優・女優になるためにはどんな学校にいけばいい?

俳優・女優に向いている人

俳優・女優に向いているのは、演じることが好きな人です。

現実世界の自分自身から離れて、たくさんの役柄を演じることを楽しめるような人が、この仕事に向いているといえます。

そのうえで、相手が望んでいること、自分に求められていることを正しく理解する能力がある人も俳優・女優の適性があります。

俳優・女優に向いている人・適性・必要なスキル

俳優・女優を目指せる年齢は?

俳優・女優は何歳からでも目指すことができます。

大手の劇団や芸能事務所に所属することを目指した場合は、育成という観点から年齢制限があり難しい一面もあります。

ただし、シニア層も積極的に受け入れている事務所は多くありますし、50代60代で活躍している人は数多くいます。

映画やドラマ、舞台は若い人のものばかりではありません。

年齢を重ねた人にしかできない役や演技があるため、年齢を重ねても役者の需要は多くあり、何歳からでも役者になろうと思えば目指すことができるのです。