行政書士のやりがい

人の役に立つことができる

行政書士は「街の法律家」といわれるように、個人や法人が行う行政手続きの際の多くの書類の作成、相談業務を行い、国民の権利を守るために働く法律のプロです。

たとえば、許認可書類の作成ではこれからビジネスを始めるという新たなスタートであることが多く、その現場に立ち会い、許認可がおりるまでトータルで支援することになります。

また、許認可がおり、顧客から「ありがとう!」という感謝の言葉を直接もらったときは、大きなやりがいにつながるでしょう。

顧客も幅広い業種の人を相手にすることが多いため、多くの知識を学ぶことが必要になり大変な面もありますが、見識が広げられる貴重な機会となります。

自分の努力次第で事業を開拓できる

行政書士資格は、独立・開業することのできる国家資格です。

もちろん経験や実績のない人が資格を持っているとしても、それだけで顧客が集まるわけではありません。

しかしながら、着実に仕事をこなし、顧客との信頼関係を築き、また他の法律家の先輩方との関係を築いていくことによって、多くの業務に携わることができるでしょう。

行政書士の扱える業務は数千から数万種類あるといわれ、非常に数多く、まだまだ未開拓の分野もあり可能性は無限大といわれています。

外国語の得意な人であれば外国人関係の分野や、介護職についていた人であれば介護業界の分野といった自分の経験や知識を活かしながら、得意分野をみつけチャレンジすることのできる仕事でしょう。

いつからでも始められ、長く続けることができる

行政書士試験の受験資格には年齢や学歴などの制限はなく、誰でも受験することができ、合格すれば行政書士会に入会、登録することで独立・開業することができます。

そのため、それまでのキャリアに制限なくチャレンジすることができます。

専業主婦などでキャリアを途中で諦めた人も、再びそれまでのキャリアや人生経験を活かして活躍することもでき、また長く続けることも可能です。

自分のライフスタイルに合わせてキャリアを築いていけるのも大きな魅力でしょう。