お笑い芸人のやりがい・楽しさ・魅力

お笑い芸人のやりがい・楽しさ

笑いを通して幸せを届ける

学校やアルバイト・私生活でつらいことがあったときに、テレビでバラエティ番組を見ることにより、そのつらい思いが忘れられたという経験は、誰にだってあるでしょう。

どんなに疲れていても、笑うことで心が楽になり、明日を生きるためのエネルギーが湧いてくるものです。

笑いには、人の気持ちを明るく楽しくできる力があるのです。

現在、活躍している芸人でも、まだ売れていなく世に知られていない芸人でも、お客さんを楽しませること・笑わせることに大きなやりがいを感じて、舞台に立っています。

成功したときの手ごたえ

面白いものを届けるんだ、という熱意を持って、ネタ作りをし続けることは決して簡単なことではありません。

なかなか売れなかったり、周りに評価されなかったりすることも決して少なくないでしょう。

しかしながら、お客さんが自分のネタで笑っている姿や会場が拍手や笑い声に包まれる様子を想像しながら、それをパワーの源にして、お笑い芸人は日々を過ごしています。

自分が手間ひまをかけて作ったネタが、笑いを生み、舞台が大成功するその瞬間を体験すると、今までにない気持ちよさに包まれるのです。

それは、料理人が自らが作った料理を「おいしい!」と言われたときと同じ感覚かもしれません。

公私ともに充実させられる仕事

超有名芸人ともなると、年収が数億円にまでなるともいわれているのが芸人の世界です。

金銭的に夢のある仕事なので、それもやりがいのひとつといえるでしょう。

高収入になれば好きな家に住んで好きな車に乗ることもできますし、人脈も広がります。

どこにでも旅行して、美味しいものをたくさん食べることもできます。

自分が大好きな仕事をしながらプライベートも充実させることができるので、とても夢のある仕事といえるでしょう。

お笑い芸人とは、他人に幸せを届けられる仕事でもあり、自らの充実感も満たすことができる魅力的な職業なのです。

お笑い芸人の仕事内容

お笑い芸人の魅力

今、世間では活躍しているお笑い芸人にはたいてい、憧れの芸人・タレントアイドル・有名人がいます。

素人時代に、彼らをテレビや映画、雑誌、ラジオなどでずっと見ながら「自分もあんな風になりたい!」「いつかあの人と一緒に芸能界で活躍するんだ!」と憧れを抱いていたのです。

そんな憧れの人物、いわば、スターと共に同じ土俵に立ち、笑いを作ったり、芝居をしたり、番組を作ったり、という仕事ができるのも芸人の魅力のひとつです。

好きな人と一緒に仕事ができるのはまさに役得といえるでしょう。

もちろん、お笑い芸人として売れたり、第一線で長く活躍したりすることは、尋常ではない努力と運がなければなりません。

ですから、いわゆる「成功」をなし得ないまま、芸人人生を終える人々も数多くいます。

そんな彼らにとっても、ネタを考え、舞台の上に立ち、お客さんに自分が作った漫才やコントなどのネタを披露している瞬間は、最高の宝物となっているのです。

また、人々を楽しませるお笑い芸人の姿を見て、夢を持つ子どもたちや、気分が明るくなる大人たちがいます。

それはお金では決して買うことのできないものでしょう。

お笑いは、「芸」という能力を持った者、「人を楽しませたい」という思いを持った者だけが体験できる魅力的なものなのです。