芸術家の仕事内容

「芸術家」と呼ばれるのはどんな人?

絵画、版画、彫刻、陶芸、工芸などの芸術活動を行い、主に作品を売ることで生計を立てている人を芸術家と呼びます。

芸術を志す人は星の数ほどいますが、創作活動だけで生計を立てるのは並大抵のことではなく、ほとんどの人は趣味や副業レベルで終わってしまうのが現実です。

ゴーギャンやゴッホの作品でさえ、彼らの死後、ようやく価値が認められたことからも、芸術の道の厳しさがうかがえます。

このような中で世間に自分の作品を認めさせ、生計を立てるところまで到達するには、類まれな才能とセンス、努力、そして幸運が必要であり、本当の意味で芸術家と呼べるのはほんの一握りの人だけだといえるでしょう。

広い意味では音楽家や建築家、文筆家、デザイナー、芸能家なども芸術家に含まれますが、ここでは画家、版画家、彫刻家、陶芸家、工芸家の美術に関する職種についてご紹介します。

創作だけでは作品は売れない

芸術家の主な仕事はそれぞれの分野における創作活動ですが、どんなにいい作品をつくっても、アトリエにこもっていては作品は売れません。

多くの芸術家は個展やグループ展へ出品して作品を販売していますが、こうした展覧会には作者が同席することが多く、来場者へ自分の作品の説明を行うことも芸術家の仕事のひとつになります。

また画家でいうと、絵画の売買を行う画商や、企画展・常設展を行う画廊に自らの作品を売り込む営業活動も必要です。

ほかのジャンルにおいても、このような売り込み活動は芸術家にとってなくてはならない業務だといえるでしょう。

働く環境と収入

ほとんどの芸術家はフリーランスで活動しています。自宅やアトリエ、工房、陶芸家の場合は窯元で働きますが、仕事をする時間帯や1日の労働時間は人によってまちまちです。

フリーランスのため収入は安定せず、作品が売れなければ収入ゼロという月もあります。逆に、作品が高額で売れれば数ヶ月分の収入になることもあるのです。

人気芸術家になると自分の事務所を立ち上げたり、弟子を雇って後続を育てる人もいます。