芸術家のつらいこと、大変なこと、苦労

「金儲け」とは無縁の職種

芸術家は思う存分、自己表現ができますが、作品が売れなければ収入はゼロです。

画家、版画家、彫刻家、陶芸家、工芸家など「芸術家」と呼ばれる人に世間が抱いているイメージは、自分の作品に心血を注ぎ、他のことには無欲な人。

収入の有無や多少にかかわらず、ストイックにその道を突き進むことが求められ、アルバイトなどで副収入を得る人は「芸術家とは呼べない」と批判を受けることさえあります。

そもそも生活を第一に考えれば、芸術的センスを生かしつつも一定の収入が得られるデザイナーや職人などの仕事に就くこともできたわけですが、それをせずに創作活動に徹する道を選んだのが芸術家です。

作品に高値がつけば一攫千金も夢ではありませんが、次の作品もまた高く売れるとは限りません。

芸術家とは往々にして貧乏と背中合わせで、金儲けとは無縁の職種であるといえるでしょう。

作品づくりの「生みの苦しみ」

作品づくりに打ち込むことは芸術家にとって自己表現の極みであり、作業の時間自体が至福の時ではありますが、こうした閃きや感性が何より大切な仕事には「スランプ」がつきものです。

調子がよく気分が乗っている時は次から次へとアイディアが湧き、一晩で大作を仕上げてしまうことがある反面、一度スランプに陥るとなかなか抜け出せず、つくっては壊し、つくっては壊しを繰り返すこともあります。

ゆっくり気分転換ができるタイミングならいいですが、スポンサーから依頼を受けて締切り日までに作品を仕上げなければならない場合などに調子が出ないと、作品づくりはまさに生みの苦しみ。

締切りを優先するあまり納得のいかない作品を納品してしまった日には、後々まで後悔し続けることにもなりかねません。

苦手な営業活動をせざるをえない

芸術家には人と接するのが得意ではない人が多く、営業活動には向いていないものです。しかし、作品をつくるだけでどんどん売れていくなどということはありえません。

少なくとも、自分が作品を出品している個展やグループ展には足を運び、来場者に作品の説明を行うなどの接客は必要になります。

また、ギャラリーや画商などに作品を売り込むことも大切であり、多くの芸術家がこうした営業活動に苦しんでいるのが現実です。