ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違い

ゲームクリエイターとは

「ゲームクリエイター」と「ゲームプログラマー」は、どちらもゲーム制作に関わる人のことをいいます。

それぞれの特徴について説明すると、まず、ゲームクリエイターとは「ゲームを作る人」のことを総称したものです。

ゲーム作品は、大勢の人の手によって作られています。

たとえば、

・新しい作品の企画を立てて世界観を考える人
・ゲームシステムやシナリオを作る人
・BGMや効果音を作曲する人
・キャラクターをデザインする人
・現場監督としてスタッフをまとめる人

といった具合に、一人ひとりが得意分野に応じた役割を持ち、全員で協力しながら一つの作品を完成させていくのです。

ゲーム制作に携わる主な職種

・プロデューサー
・ディレクター
・プランナー
・シナリオライター
・グラフィックデザイナー
・プログラマー
・サウンドクリエイター

上記のような職種に就いている人のことを、世間では一般的に「ゲームクリエイター」と呼んでいます。

ゲームプログラマーはクリエイターの一種

では、次にゲームプログラマーについて見ていきましょう。

ゲームプログラマーは、ゲームクリエイターの職種の一つ。その仕事内容は、ゲームの企画書や仕様書に合わせ、特殊な開発言語を用いて、意図した通りに動くようにプログラムを組んでいくことです。

ゲームプログラマーの仕事

たとえ、どれだけ素晴らしいストーリーやデザインがあったとしても、それだけでは作品として形にし、世に出すことができません。

そこで、プログラマーの出番があります。プログラマーは開発言語を用い、絵や音楽など、ゲームを構成するあらゆる要素のプログラミングを行い、作品になるように落とし込んでいきます。

プログラマーは、ただパソコンに向かって黙々と作業を進めるだけではありません。

たとえば、「こういう風にキャラクターを動かしたい」といったデザイナーの要望を汲み取ることも必要になりますし、「どのようにプログラムすれば、ユーザーにより楽しんでもらえるものになるか」を考えるための発想力やセンスも要求されます。

仕事体験談