ゲームクリエイターに なるために勉強すること

職種によって勉強すべきことも異なる

ゲームクリエイターという仕事を細かく見ていくと、さまざまな職種に分けることができます。

作品の企画を考えるプランナー、シナリオを書くシナリオライター、キャラクターや背景などの映像を作るグラフィックデザイナー、ゲームのシナリオ通りに動かすしくみを作るプログラマーなど、それぞれ違う得意分野や専門領域を持つたくさんの人たちが関わってゲーム作品は完成します。

もちろん「ゲーム作り」の基礎のようなものはすべてのゲームクリエイターが学びますが、各業務に必要な知識やスキルは、どのような職種を目指すのかによって異なり、それによって勉強すべきことも変わってきます。

したがって、ゲームクリエイターを目指すのであれば、まずはどのような仕事をしたいのかを考えることが大切です。

職種別に必要な知識とスキル

プログラマー

プログラマーに必要とされるのは、システムを組み上げていくためのプログラミングのスキルです。

「C言語」や「C++」といったプログラミング言語を理解し、実際にそれを使ってプログラムを書いていくための訓練が必要になります。

ゲームプログラマーの仕事
プログラマーの仕事

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、おもに3DCGによってゲーム中のキャラクター・アイテム・エフェクト・背景といったグラフィックスを制作します。

3Dツールの扱い方はもちろん、モデリング、テクスチャ、モーション、エフェクトといった各作業工程の技術を学ぶ必要があります。

また、企画に基づいて何を表現すべきかを導き出せる力、絵で世界観を演出するためのアイデアや表現力が求められてきます。

グラフィックデザイナーの仕事

サウンドクリエイター

作品中のBGMや効果音などのサウンドを作るサウンドクリエイターは、作曲の基本的な理論や知識、DTM(DAW)ソフトを使いこなす力などを学ぶ必要があります。

作曲だけでなく、音をプログラミングしていくサウンドプログラマーとして働きたい場合は、プログラミングのスキルも必要になります。

サウンドクリエイターの仕事

専門学校などでスキルを身につける

とくに上記に挙げた職種は専門性が求められやすいため、ゲーム制作関連の専門学校でも、各職種を目指す人向けの学科やコースが置かれていることが多いです。

プログラマーやデザイナー、サウンドクリエイターなどになりたい場合は、できるだけ早いうちからスキルを身につけておいたほうがよいでしょう。

一方、プランナーやディレクターなど企画系の職種では、就職後に業務を経験しながらゲーム制作の流れを覚えていくことも珍しくありません。