学芸員の大変なこと、苦労

応対

学芸員は来館者への対応も仕事のひとつです。あらゆるこの種の仕事と同じく、接していて苦労する客さんもおられます。問題がある態度の方だったり、職員の注意を聞いてもらえなかったり、理不尽な言いがかりをつけられたり。

楽しんでもらえる展示を考えるのも頭を使います。
研究一筋のような学究的な人の場合、こうした俗っぽい業務に嫌気がさして辞めることもあるそうです。

他にも新聞やテレビの取材がある時も上手にPRできないとならないし、説明や案内も来館者のためになるようにしなければいけません。展示に関して苦手な分野だと質問に十分に答えられなかったり、相手の方が詳しかったりすると面目がつぶれてしまいます。

給与

勤続年数や役職がつくことで多少はあがっていきますし、実績や勤め先での違いもあります。公立の施設に準じる施設だとそれなりの平均収入になったり、有名博物館でそれなりの役職につくと恵まれている場合もあるそうです。

しかしながら勤務先や雇用形態によっては一般企業で言う初任給程度の程度の額から伸びないというケースもあります。経済面での充実を求めていくのは苦しく、どちらかと言うと「好きだからやる」人の方が続くかもしれません。

技能の問題

博物館はその道の専門家がそろっています。逆を言えば勤める人間にはそれなりの学識や教養も求められます。それでないと外部の人間に対応できないだけでなく、内部の手伝いや関係にも支障をきたすことがあります。

実務的な研究能力が未熟すぎると、保存や修復、標本制作の技能が拙いとかそういった問題も出てきます。施設によっては徒弟修行的に厳しいところもあるそうです。「ついていけない」といった状態に陥いると苦しい職場になりかねません。

また新人への教習や市民講座や大学での講義などにたずさわることも多いので、教育者や講師としての能力が要求されることもあります。

時間

勤務先にもよりますが、人手が不足していたり、大規模な博物館の場合かなり多忙なことがあります。外への発掘作業、収蔵品の保存作業、標本の制作、美術品の手入れ、昆虫や動物の世話など、業務内容は多岐にわたります。

これに加えて市民サービスや博物館の施設の管理なども大切な仕事なので、時には休日が一日しかないとか、プライベートの時間が取れないといったケースもでてきます。

学芸員は「好きでやってる」という人も多く、そのために自分の時間を潰して研究にのめり込んだり、市民サービスに頑張りすぎて過労に陥るというケースもあります。やりがいにもつながることですが、体調管理ができない人は健康を害しやすいこともあります。