学芸員の勤務時間・休日

勤務時間

学芸員の勤務時間や休日はケースバイケースです。博物館などの文化施設の勤務が中心ですので、開館時間など施設の取り決めによって変わっていきます。

一般的な博物館の場合は平日は10時頃に開館して17〜19時頃に閉館というスタイルが多いです。基本的に8時間程度の勤務時間で、週に1〜2日の休日となりますが、展示の準備や後片付け、何らかの行事や調査、収蔵管理の仕事出てきた時などは残業も増えます。

研究できる時間は少ない

多忙な時期には時として残業が夜の10〜11時頃まで続くこともあります。日中は博物館内部の準備や雑務に手をとられ、人員が少ない施設だと学芸員といっても軽作業のアルバイトのような状態になることがあります。

そのため、自分本来の研究は仕事を終えてからや、休日のみしか時間が割けないといったこともありえます。

実際に人気のある博物館や、大規模な施設で来館者数も大きいところではその分雑用に類することが増えていきます。学芸員は博物館内の雑務にも駆り出されるのが普通で、来館者の多い人気イベントであればあるほど雑務が派生してきます。

自分の時間を大切にしたい学究的なタイプの志望者は、勤め先とその条件を念入りに調べたほうが良いかもしれません。

休日

基本的に週休二日で、多忙な時期でなければ月に6〜8程度の休みは確保されていることが多いです。休館日は週一日であることが多いので、休館日ともう一日をシフトで休むというスタイルとなります。

ただし仕事の多さや周りの職員との兼ね合いで休日出勤もしばしば出てきますし、休館日であっても、メンテナンスや展示の準備などのため、出勤しなければならないときがあります。

新人の仕事を覚えなければいけない時や、学芸員補などの立場だと休みにも出勤を要請されることが多いそうです。