フラワーコーディネーターになるには

特定の学歴や資格は必要なし

美しい花を使って空間を演出するフラワーコーディネーターは、特定の学歴や資格を必要とする職業ではありません。

植物に関する豊富な知識や花を美しく組み合わせることができる優れたセンスがあれば、誰でも自由に活動することが可能です。

しかし、「知識やセンスを独学で学ぶのは難しい」と考える人が多く、こうした人たちはフラワーコーディネートを学べる学校に通うか、実際に花屋や園芸ショップで働いて先輩の指導を受けながら修行をするかを選んでいます。

専門学校や通信教育で勉強

専門学校に行く場合は、「フラワーデザイン科」「園芸デザイン科」「フラワーコーディネート科」などの名称で園芸や植物に関する専門のコースがあります。

あるいはウエディング全般のことを学ぶ学科で「ブライダルフラワー専攻」などという形で特別な日の花の演出方法について学べる場合もあります。

履修期間はおよそ2年間で、植物の取り扱いに関する基本的な知識から生花を使ったコーディネートのスキル、独立してショップを開く場合の心得まで幅広く学ぶことができるのが特徴です。

専門学校以外の場所で勉強をするのであれば、カルチャースクールの教室に通ったり通信教育を受講したりしてフラワーコーディネートについて学ぶという方法があります。

ただし、こういった講座は講師や受講生のレベルがまちまちで、趣味としてやっていけるぐらいの知識や技術しか得られないこともあるので、事前にしっかりレベルを確認しておいたほうがよいでしょう。

現場で経験を積む道も

「専門学校に通うお金や時間がない」という人や「現場で実践的な知識を身につけたい」という人は、学校に行かずに花屋や園芸ショップに就職して働きながら経験を積む道もあります。

ただし、最初から正社員として雇ってもらえることは珍しく、まずはアルバイトやパート、契約社員として就職をすることが多いようです。

アシスタントとして販売や接客をしながら植物に関する知識を身につけたり先輩のコーディネートのワザを教えてもらったりして学びます。

仕事ぶりを認められるようになるとコーディネートを任せてもらえるようになり、やがて正社員に登用される…というケースもあります。

もちろん、そうなるまでに何年もかかることもありますし、下働きばかりで大事な仕事を任せてもらえないまま時間が過ぎるリスクもあるので、働く店は慎重に選ぶことが大切です。