フラワーコーディネーターになるための学校・スクール

民間の専門学校が人気

フラワーコーディネーターになるために学校で勉強をしたいという場合は、民間の専門学校に通うのが一般的です。

「フラワーデザイン科」「園芸デザイン科」「フラワーコーディネート科」などの名称で園芸や植物に関して学べるコースがあり、全国にこういった学科のある専門学校があります。

また、ウエディング全般のことを学ぶ学科のなかで「ブライダルフラワー専攻」などという形で特別な日の花の演出方法について学べる場合もあるので、結婚式のフラワーコーディネートの勉強に特化したい人の場合はブライダルスクールに入学するという道もあります。

専門学校での履修期間はおよそ2年間です。植物の取り扱いに関する基本的な知識から生花を使ったコーディネートのスキルまで幅広く学ぶことができます。

さらに、提携しているショップや結婚式場で実習をさせてもらえたり、模擬結婚式などのイベントを通して実践的な指導を受けられたりする場合もあり、社会に出たときに即戦力となれるよう経験を積むことができます。

コーディネート以外の知識の学習も

専門学校の場合は、花に関する知識だけではなく、就職して販売員として働くときや独立してショップを経営する場合に役立つような知識を身につける機会もあります。

接客術を学んだり、WordやExcelなどの基礎的なパソコンスキルを学んだり、簿記や会計のような事務処理のスキルを学んだりして、社会人としての能力全般を高めていくのです。

また、就職活動の際に学生の相談に乗ってサポートをしてくれたり、就職先を紹介してくれたりすることがあるのも専門学校に通うことのメリットのひとつといえるでしょう。