ファイナンシャルプランナーになるには

資格を取得するのが一般的

「医師」や「弁護士」など、その仕事をするうえで必ず資格が求められる職業に対して、「ファイナンシャルプランナー」は、何か特別な資格を持っていなくてはなれない職業というわけではありません。

しかし、実務に携わるうえでは金融まわりの専門的な知識が求められることから、一般的にはファイナンシャルプランナーの資格を取得し、その資格を生かして金融系企業や不動産会社などで活躍している人がほとんどです。

ファイナンシャルプランナーの資格は、大きく「国家資格」と「民間資格」の2種類に分けることができ、そのうち最も有名なのが、国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」だといえるでしょう。

国家試験を受験する

国家資格であるファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能検定)は、難易度別に「1級FP技能士」「2級FP技能士」「3級FP技能士」の3種類に分かれています。

FP技能検定は複数指定試験機関方式で行われていて、「一般社団法人金融財政事情研究会」と「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」が実施しています。

どちらが実施するFP技能検定を受検しても取得できる資格、受検資格、試験免除基準は同一です。

FP技能検定に合格するには、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。2級と3級学科試験は両方の団体が同じ試験日に、各級ごとに同一の試験問題で実施しています。

試験日が異なれば別の選択科目を受検することができ、合格すると選択科目名が記載された合格証書を取得することができます。

実技試験は選択科目によって試験実施機関が異なります。科目は次のとおりです。

金融財政事情研究会

1級:個人資産相談業務
2級:個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務
3級:個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務

日本FP協会

1級:資産設計提案業務
2級:資産設計提案業務
3級:資産設計提案業務

受験資格

3級FP技能検定の受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」です。

2級FP技能検定の受験資格は「3級技能検定の合格者」「FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者」「日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者」「厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者」のいずれかひとつです。

このように実務経験などがある場合を除けば、3級FP技能士試験から順に受験し、合格を目指していくことになります。

就職後に資格を取得する人が多い

ファイナンシャルプランナーの資格を取得したとしても、必ず思い通りに就職ができるとは限りません。

たまにFP資格の有資格者を対象とした求人も出されていますが、その場合は「1級FP技能士」など、豊富な実務経験や高いスキルが求められているケースが多いようです。

どちらかというと、FP資格は就職を有利にするために取得するというよりも、金融機関などへの就職後にスキルアップを目指して取得する人が多くなっています。

しかし、もちろん就職前に取得しておけば、自身の知識についてのアピール材料にすることは可能です。

そして、とくに将来的にこの仕事で独立を目指すのであれば、FP資格を持っておくことは、顧客からの信頼を得るためにも必須だといえるでしょう。