ファイナンシャルプランナーの独立・開業

独立・開業について

ファイナンシャルプランナーは、開業にあたり多くの設備が必要になることはなく、初期費用は少なくて済みます。

また、1対1でのお客さまのコンサルティングが中心になることから、実務経験さえあれば独立開業しやすい仕事内容だといえるでしょう。

独立すると自分の個性を生かした仕事ができますが、企業で働くファイナンシャルプランナーとは仕事内容が違うこともあります。

どういった事業展開をしていくか、独立前に考えておいたほうがよいでしょう。

人脈が大事

ファイナンシャルプランナーが独立して成功するには、とにかくお客さまを集める必要があります。

人脈を生かしたり、インターネットを利用したりするなど、お客さまに相談に来ていただけるようになる方法を自分で考えなければなりません。

実務をするうえで、人間関係は重要です。他のファイナンシャルプランナーや弁護士、司法書士、税理士、行政書士などのネットワークがあれば、それぞれの専門分野の話を聞いたり、お互いにお客さまを紹介することができます。

なお、金融や保険の商品や制度は日に日に変わっていくため、つねに新しい情報を手に入れておくことが大切です。

セミナーや勉強会に参加すると知識が身につくほか、ネットワークも広がるでしょう。

どんな資格があればよいか

金融財政事情研究会の「FPに関するQ&A」によると、「FP事務所を開業し、顧客からの信頼を得て、生計を立てるためには、1級FP技能士の資格の取得に加え、税理士、社会保険労務士、公認会計士、中小企業診断士、証券外務員、保険募集人、DCプランナーなど複数の資格の取得が望ましい」と書かれています。

登録は義務付けられていませんが、金融財政事情研究会のFP技能士センターに会員登録するか、日本FP協会の資格認定会員となることで信頼感が上がります。

FP技能士センターに登録すると、継続テストや月刊誌『KINZAI ファイナンシャル・プラン』の毎月購読、セミナーの割引参加といった特典が受けられます。

日本FP協会では月刊誌『FPジャーナル』が届き、継続教育テストや継続教育研修があるため、新しい情報を手に入れてスキルアップするのに役立ちます。

独立開業したからゴールというわけではなく、日々知識を広げ、深めていく努力が必要な仕事だといえるでしょう。