イベントコンパニオンとキャンペーンガールの違い

イベントコンパニオンの仕事とは

イベントなどの催し物でPRを行う女性キャストたちには、イベントコンパニオン、キャンペーンガール、キャンペーンスタッフ……とさまざまな職種があり、違いがわからないという方も多いでしょう。

まずイベントコンパニオンは、イベント系のキャスティング事務所やタレント事務所に所属し、展示会やさまざまな会場で開催されるイベントがある日のみ派遣される単発の仕事です。

一般的なイベントコンパニオンは商品を手に持ったり展示品の横に立って来場者にアピールするほか、カタログを配布したり来場者の案内を行います。

多くの人々の注目を集めて商品やサービスの良さをアピールするため、露出度が高くボディラインを強調したコスチュームを着用することがほとんど。

そのためスラッとした身長とプロポーション、笑顔の美しさが求められます。

時給は一般事務などと比べると数段高いのが特長ですが、イベントが行われるのは週末であることが多く、オーディションに合格しないとキャスティングされないため、この仕事だけでは生活できない人も多いようです。

キャンペーンガールの仕事とは

キャンペーンガールはタレント事務所やモデル事務所に所属していることが多いですが、企業と1年間などの期間契約を結び、さまざまな場面で当社の商品やサービスのプロモーションを行います。

展示会やイベントに出演する場合には、コスチュームや職務内容はイベントコンパニオンに近いものがありますが、テレビなどのメディアへ出演する機会が多く、よりモデルやタレントに近い仕事であるといえるでしょう。

また、これとは別に、以前はイベントコンパニオンより気軽にできるキャンペーンスタッフのアルバイトをする女性のことをキャンペーンガールと呼ぶ風習がありました。

しかし男女雇用機会均等法の改正を受けてか、最近では男女ともにキャンペーンスタッフと呼ばれ、時給も男女で同等の扱いとされることが多くなっています。