イベントコンパニオンの1日のスケジュール・生活スタイル

イベントコンパニオンの業務スケジュール

勤務がない日にも業務はある

イベントコンパニオンが活躍するイベントや展示会は常に開催されているわけではありません。

日本でもっとも有名な展示会のひとつで、多くのイベントコンパニオンの晴れ舞台である「東京モーターショー」でさえ、1年のうち10日前後の日程です。

また小規模なイベントは土日のみの開催というものも多く、1つの催し物ごとに単発で仕事を請けるイベントコンパニオンにとっては、会社員のように安定的に週5日勤務するというような体制は難しいでしょう。

しかし、勤務がない日でも次のイベントのオーディションを受けたり、大規模な展示会には開催前にリハーサル日があったりと、仕事に関連したさまざまな業務が行われています。

所属事務所によっては歩き方や立ち方のレッスン、接客やナレーションの研修を行うこともあり、勤務のない日はスキル磨きにも使われているのです。

催し物によってスケジュールはまちまち

東京モーターショーを例に挙げると、開催時間は日によって若干異なるものの、もっとも多いのは10時から20時というパターンです。

またブースや業務内容によって異なりますが、1時間ごとに10分〜30分の休憩を取ることが多く、待遇がいいケースだと30分の勤務と1時間の休憩を繰り返すスケジュールです。

一般的な仕事に比べると圧倒的に休憩が多く楽なように感じますが、表舞台では立ちっぱなしで、常に注目されているため気を抜くことはおろか笑顔を絶やすこともできないため、非常に体力がいる仕事なのです。

さらに、大規模な展示会場は郊外にあることが多く、都心などに住むイベントコンパニオンにとっては通勤時間がかかることもネックになり、早朝に自宅を出発して帰宅すると深夜になるということも珍しくありません。

逆にレセプションや新商品発表会などの場合、勤務時間が2〜4時間程度ということもあり、その場合は当然、1日拘束の仕事と比較すると低めになります。

拘束時間が長いと体がきつく、短いと思うように稼げないというのがイベントコンパニオンの悩みの種だといえるでしょう。

あるイベントで働くイベントコンパニオンの1日

06:00 起床
少々早めに起きてシャワーを浴び、スキンケアを入念にしてからメイクアップとヘアメイクを行います。
08:30 会場集合
集合時間は厳守です。
大きな会場は集合場所がわかりにくいことが多いため、開催初日には余裕を持って家を出ます。
09:30 ミーティング
着替えやメイク直しを済ませてからミーティングを行います。
広告代理店のディレクターなどが中心となり、業務の流れや休憩時間、注意事項などが伝えられます。
10:00 開場
いよいよ来場者を迎えて実際の業務がスタートします。
午前中は来場者が多いので、パンフレットやサンプル品の配布を中心とした仕事になります。
1時間ごとに10分の休憩を挟みますが、表舞台では立ちっぱなしなのでなるべく座って体を休めるようにします。
13:30 昼食、休憩
休憩中にコスチュームのままで控え室の外に出ることは禁じられているため、代理店が用意したお弁当で済ませます。
20:00 閉場
来場者を見送り、簡単なミーティングの後、着替えて帰宅します。
23:30 就寝
お風呂にゆっくり浸かり、明日に備えてボディケアやスキンケアを念入りに行ってから就寝します。
仕事が続く場合はしっかり睡眠時間を確保するようにしています。

イベントコンパニオンの勤務時間・休日