イベントコンパニオンのやりがい・楽しさ・魅力

イベントコンパニオンのやりがい・楽しさ

イベントが成功した時の達成感

大きな展示会やイベントでは各スポンサーが出展するブースがたくさん並び、それぞれのスタッフが自分たちのブースを盛り上げようと努力しています。

イベントコンパニオンにとっても、自分の笑顔や接客で来場者に喜んでもらえたり、商品の売上げが上がったりするのはとても喜ばしいことです。

さらに、ライバル同士でもある各ブースが切磋琢磨し合うことにより会場全体が盛り上がったり、来場者が増えたりすることも大きなやりがいにつながります。

魅力的な女性でなければできない仕事

イベントコンパニオンといえば、容姿端麗な女性にだけ許される花形の職業で、同性でも憧れる人が多く、多くの注目を集めるステータスがある仕事ともいえます。

ほかにも、素敵なコスチュームが着られる、たくさんの人に見られることで美意識が高まるなどの魅力を感じて仕事をしている人も多いようです。

イベントコンパニオンの仕事内容

イベントコンパニオンの魅力

ビジネスマナーが身につく

いくら容姿端麗だったとしても、すぐに現場に入れるわけではありません。

イベントコンパニオンは企業の顔とも言うべき存在のため、トラブルを起こしたり失礼な態度をとったりしてしまっては商品やサービスをアピールできないからです。

まずはビジネスマナーや立ち居振る舞いなどをしっかりと学び、さらに経験豊富な先輩のイベントコンパニオンについて仕事を習いながら覚えていきます。

こうして敬語など社会人としてのビジネスマナーが身につけることができますし、実際のイベントに入る際には多くのスタッフと連携を取ることから、コミュニケーション能力も身につきます。

高額な給料をもらえる

イベントコンパニオンだけで稼ごうとすると、オーディションの連続で多忙を極めたり、うまく仕事に入れなかったりといった問題が生じることもあります。

しかし、学生や本職を持つ人がアルバイトとして働くには、短時間の労働で効率良く稼げる職種であるといえるでしょう。

自分に合った職務内容や勤務時間の仕事を選べば、体力的・精神的にもそれほど負担はかかりません。

さらに外国語や手話などのスキル、アナウンスやMCの技術を習得している人なら、さらなる高収入が望めます。

業界の人脈づくりや芸能界への足がかりに

学生のアルバイトではとうてい出会えないたくさんの人たちと人脈がつくれることは、イベントコンパニオンの大きなメリットのひとつです。

大きな展示会では広告代理店やスポンサー企業の社員と接することが多く、そのコネクションから仕事を見つけるなど人生のステップアップにつながる例もあります。

また、イベント中にプロダクションからスカウトされたり、写真がメディアに掲載されたりしたことをきっかけに、後々モデルやグラビアアイドルとして芸能界で活躍する人もいます。

このようにさまざまなチャンスが得られることは、この仕事の大きな魅力であるといえるでしょう。