イベントコンパニオンの仕事内容

イベントコンパニオンの仕事とは

イベントコンパニオンとは、展示会などのイベント、新商品発表会などにおいて、会場に来たお客さまに対し商品の紹介や説明を行う女性ならではの仕事です。

多くの人々の注目を集め、商品をより良く見せるため、露出度が高くボディラインを強調したコスチュームが用意されることがほとんどです。

そのためイベントコンパニオンにはモデル並みの容姿が求められ、事務職などと比べると時給が高いのが特長です。

イベントコンパニオンの業務の内容

一般的なイベントコンパニオンは、

・商品を手に持ったり展示品の横に立ったりして、ポーズをとりながら来場者にアピールする
・来場者に商品の説明を行う
・カタログやサンプル品を配布するなどのPR活動をする

といったことが主な業務となります。

これに対し、ステージ上などで司会進行を務めるMCコンパニオン、マイクで商品の説明などを行うナレーターコンパニオンといった特殊な技能を必要とする職務もあります。

イベントコンパニオンの役割

規模が大きく、来場者も多い展示会やイベントでは、多くの企業がブースを開き自身の商品やサービスをPRします。
どうしても企業の社員だけでは来場者の目に留まりづらいため、そのブースに注目を集め、より多くの人に立ち止まって見てもらうことがイベントコンパニオンの役割です。

特にこうした展示会やイベントは男性客が多いため、モデルのようにスタイルが良かったり、華やかさがあったりするイベントコンパニオンは自然と目に留まりやすくなります。

また、来場者の注目を集めるだけではなく、企業や商品、サービスへの興味を惹くために積極的に声を掛けたり、商品をPRしたりすることも求められます。

イベントコンパニオンの勤務先の種類

人材派遣会社やイベントプロダクション

ほとんどのイベントコンパニオンは、人材派遣会社やイベントプロダクションに登録し、イベントが開催される日だけ会場に派遣されます。

大きなイベントでそこで働きたいコンパニオンが多数いる場合、書類選考やオーディションが開催されることもあり、合格しなければ仕事を請けることができません。

派遣先の会場は展示場やホールなど屋外のものから、野外の特設イベント会場、スポンサー企業の会議室などで行われる新商品発表会まで、その規模はさまざまです。

副業のイベントコンパニオン

イベントや展示会が催されるのは土日が中心であることから、普段はOLなどの本業を持っている人でも週末だけイベントコンパニオンとして働く人がいます。

イベントコンパニオンにはオーディションがつきものですが、スポンサーが求める人材はイベントの主旨や宣伝したい商品・サービスの内容、来場者の客層などによって変動するため、どんなに経験豊富なコンパニオンであっても毎回オーディションに合格するとは限りません。

また20代を中心とした若い女性だけができる特殊な職業であるため、副業と割り切って働く人も多いようです。

イベントコンパニオンと類似業種を兼業する

モデル、グラビアアイドルなどのタレントやレースクイーンを目指す人が、その仕事だけでは収入が足りずイベントコンパニオンを兼業するのはよくあるパターンです。

こうした人は容姿やプロポーションに恵まれ、コミュニケーション能力も高いことが多く、なおかつオーディション慣れしているため、希望のイベントにキャスティングされる確率は高いといえるでしょう。

イベントコンパニオンの仕事では来場者と接することでコミュニケーション能力をさらに高めることができ、笑顔や舞台度胸を磨くことにもつながるため、目指す職種にも生かすことができます。

イベントコンパニオンの仕事の流れ

大抵の場合、イベントコンパニオンの仕事では書類選考やオーディションが行われます。

その後合格者のみにオリエンテーションが行われたり、詳しい仕事内容の資料が渡されたりし、場合によっては事前にリハーサルが行われることもあります。

イベント開催日までに自分がやるべき仕事をしっかり把握しなければならないため、開催日前から仕事がスタートするといってもいいでしょう。

当日は会場の控え室で着替えや準備を済ませてから仕事を開始します。

立ちっぱなしの仕事が多いこともあり、こまめに休憩を取りながら業務を行います。