コンサルタントの給料・年収

徹底した「実力主義」が特徴

コンサルタントというと「エリート」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。実際に一般的なサラリーマンに比べて給料が高いことで知られている職業です。

年収でいうと500万円〜1000万円ほど稼ぐことができる業界です。

とくに外資系のコンサルタント企業は収入が高く、初任給で年収500万円以上、20代で年収1000万円、上位の役職についている人であれば年収数千万ということもあります。

ただし、こうした給料の額は徹底した「実力主義」のもとで決められることが多いようです。

年齢や入社年度、肩書きではなくて、「コンサルタントとしてどのような案件を引き受け、どのような成果を残すことができたのか」ということが何よりも重視されています。

また、外資系の企業では「年俸制」をとっているところが多いので、残業をすればするほど月給が上がるというわけではありません。

年間を通していかに仕事を効率よく進めることができるか、本人の能力がものをいう世界なのです。

リスクに備え、チャンスを掴む

国内の昔ながらの大手企業では、今もなお「年功序列」や「終身雇用」の制度を取り入れているところが多く、新入社員として一度入社すれば長期間に渡って安定した生活を得ることが可能です。

しかし、コンサルタント業界の場合は「実力主義」「成果主義」が徹底しており、思うような成果を出せない人間に対しては厳しい処遇が言い渡されることもあります。

リスクに備えて貯金をしておくことが大切です。

一方で、業界内での転職が非常に盛んなので、キャリアアップをしてより高収入をめざしたい人にとってはどんどん挑戦ができる土壌があります。

自分自身の能力と責任でキャリアを築き上げていく覚悟があれば、コンサルタントはさまざまな選択肢と可能性を与えてくれる仕事になるでしょう。