シェフになるには

最初は下積みから シェフはコックをまとめるトップですから、まずは一人前のコックを目指します。 しかし現場に入ったからといって最初から料理ができるわけではありません。人前に出ても恥ずかしくないようなコックになるには、個人差 … 続きを読む

シェフに向いている人、適性

体力がある シェフになるには第一に体力がなくては務まりません。 早朝から深夜まで重い鍋やフライパンを扱いながら、厨房に立ち続けなければいけないからです。 ましてや下積み時代や独立直後は、過酷な毎日が休みなく続きます。かと … 続きを読む

シェフになるための専門学校、スクール

調理師を養成する施設へ入学する シェフを目指す場合、店に飛び込みでゼロから修行をするパターンと、調理師を養成する学校で調理の基礎を学ぶ方法があります。 中学時代に既にシェフになる夢を強く決めている場合は、調理師科のある高 … 続きを読む

シェフの資格、免許

絶対に必要な資格はないが、独立するなら調理師免許を シェフになるには2つの道があります。 ひとつは、調理師学校で調理の基礎を学び、ホテルやレストランに就職し経験を積む方法、もう一つは専門学校や養成学校には行かず、高校卒業 … 続きを読む

シェフに必要なこと、求められるもの

食に興味があること 西洋料理の仕事は体力面、精神面でもハードなため、「この仕事が好き」「もっと料理を知りたい」といった絶対的な食への興味や好奇心がなければ続かない仕事です。 たとえば「この料理をもっとおいしく作るにはどう … 続きを読む

シェフの修行・下積み

まずは下積みからスタート シェフとは厨房の責任者ですから、それ以外の料理人はコックです。 店に入ると、まずは一人前のコックとして働けるように下積みを重ねていきます。 ただし店に入ったからといってすぐに包丁が持てるわけでは … 続きを読む

女性のシェフ

女性のシェフも活躍中 女性のシェフももちろん活躍しています。しかし大手ホテルの厨房では、男女の割合が9:1程度とまだまだ女性は少ないのが現状です。 その理由は、朝から晩まで重いフライパンや鍋を持ったり食材を運んだり立ち仕 … 続きを読む