カメラマンの仕事内容

プロのカメラマンとは

カメラマンとは、報道、芸能、広告などの分野において、写真を撮影する仕事です。一言でいえば「写真を撮ること」ですが、何も考えずにただシャッターを押せば良いというものではありません。

撮影しようとする写真がどこで、どんな目的に使われるのかを考えたうえで、それにそぐわしい写真を撮影することが求められます。

そのために、まずはカメラをはじめとする機材の扱い方を覚え、さらには撮影に欠かせない「光」の当て方や、より写真を良く見せるための「構図」など、撮影に関するさまざまな知識を身につけて実践できるようにならなければなりません。

カメラマンの仕事場所

カメラマンは、おもに新聞社・出版社・デザイン事務所・広告代理店などに勤務するパターンと、フリーランスで働くパターンの2通りに分けられます。フリーランスの場合、フリーランスのカメラマンが数人集まって、ひとつの事務所を構える場合もあります。

カメラマンの専門領域

ほとんどのカメラマンは、専門領域を持っています。その領域は多岐にわたりますが下記のような領域があります。

<広告カメラマン>
依頼を受けて、雑誌やポスターなどに掲載する広告用の写真を撮影します。グラビアなどの人物や、車、料理などの特定分野を専門にしているひともいます。人物を撮影するときには、スタイリストやメイクアップアーティストなどと共同で作業を行います。

<報道カメラマン>
新聞や雑誌などに掲載するために、事故現場や政治家などの写真を撮影します。一般的にカメラマンはフリーで活動する人が多いですが、報道カメラマンの場合には、新聞社や雑誌社に所属していることもあります。

<戦場カメラマン>
報道カメラマンのうち、戦場での撮影を専門にしたカメラマンです。紛争地帯に乗り込み、現地の状況をカメラに収めます。

<スポーツカメラマン>
サッカーや野球などのスポーツ選手の試合中の写真を撮ります。動きが早いスポーツの場合、瞬間を逃さず撮影することが必要となります。

<水中カメラマン>
水中写真を専門にしているカメラマンです。海中の生物やマリンスポーツなどの写真を撮影します。

<風景・動物カメラマン>
自然の風景や野生動物を撮影するカメラマンです。

その他、街の写真館に所属し、記念写真や地元の学校のアルバム用の写真を撮るカメラマンや、結婚式場での撮影を担当するカメラマンなど、活動領域は多岐にわたります。

近年は、デジタルカメラでの撮影が増え、撮影だけでなくパソコンで修正を行う作業も担当することがあります。

カメラマンの写真が使われる場所

カメラマンが仕事で撮影するものはいろいろとありますが、下記は写真が使われるもの(媒体)の一例です。

<広告>
モデルなど人物撮影のこともあれば、商品単体を撮影することもあります。スタジオ内にて、デザイナーや編集者などと確認しながら、一緒に撮影を進めていきます。

<写真集>
アイドルやタレントなどの写真集です。スタジオ内のみで撮影することもあれば、いろいろな場所に出かけて自然な姿を撮影することもあります。

<CDジャケット>
CDジャケットもカメラマンが撮影しています。アーティストの担当ディレクターやデザイナーが考えた絵を元に、打ち合わせをしながら撮影を進めます。

<新聞・雑誌>
新聞に載る事件・事故現場の写真や、雑誌に掲載するために、お店や食べ物の写真を撮ることもあります。