スポーツ選手サポートをするアスレティックトレーナー

スポーツチームの専属トレーナー

日本国内では絶対的な就業人数が非常にかぎられているのが、プロや実業団のスポーツチームの専属トレーナーです。

サッカーのJ1リーグやラグビーのトップリーグなどのスポーツチームを担当することは、アスレティックトレーナーとしては憧れの仕事であるといえるでしょう。

プロチームであればコンディショニングコーチが別に存在する場合もありますが、実業団を含めそれ以外の大学、高校、中学などのトレーニングルームでは、スポーツトレーナーとしてアスレティックトレーナーがコンディショニングコーチを兼任することもあります。

また競技者(スポーツ選手、アスリート)やチームの健康管理の専門家として治療をおこなう場合もでてきますので、実際には柔道整復師、鍼灸師(はり師・きゅう師)、あん摩マッサージ師、理学療法士いった国家資格をあわせて所有している方が多いようです。

プロや実業団チームの専属になるまえに、大学など学校のトレーニングルームや整形外科などの医療機関、治療院などの施術所で実績を重ねる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

複数のチームをかけもちしたり大会ごとに帯同したりしながら、パートタイム雇用で信頼されてからフルタイム雇用となる場合も考えられます。

具体的には競技者やチームの練習や試合のスケジュールにあわせて現場に行き、テーピングやストレッチ、スポーツマッサージ、ケガの応急処置などをおこないます。

またリハビリテーションやトレーニングは練習場やトレーニングルームで競技者と一緒になっておこない、メンタル面や悩みごとの相談相手になることもあります。

さらにスポーツドクターやコーチ、競技者の家族など関係者のまとめ役も担います。

ケガの再発防止のために各方面と連携をとったり、リハビリテーションのメニューを考えたり、栄養面での指導をおこなったり、パフォーマンス(成績)をあげるためのトレーニング方法を提案したりします。

トレーナー派遣会社など

アスレティックトレーナー以外の仕事を兼任される方も非常に多いのが現状ですが、なるべくアスレティックトレーナーとしての業務そのもので生計を立てたいという方はトレーナー派遣会社などに就職するのもひとつの方法です。

企業に雇用されるという就業形態ですから、勤務時間や休日、スケジュール、給料などは比較的安定しているといえるでしょう。

特定のチームやトレーニングルームの配属になるか、さまざまなチームや競技者を担当するかは、会社によっても状況によっても異なるでしょう。

ともあれ練習場や競技場、トレーニングルームに出向いて、テーピングやストレッチ、ケガの応急処置、リハビリテーション、トレーニング、栄養指導などをおこないます。

スポーツドクターやコーチ、競技者、家族などとの連携、まとめ役も引き受けます。

会社員ですから、個人でチームや競技者と契約するようにまったく自由に対象者や対象競技を選べるわけではないでしょう。

ただし企業としての実績がありますから、安定した雇用条件のうえで、さまざまな現場において活躍できるのではないでしょうか。