声優を仕事にするのは難しい? 副業が必要?

声優を目指そうと考えたものの、その世界の厳しさを知って飛び込むことをためらっている人もいるでしょう。

本記事では、生き残るために必要なことや生計を立てるためにどうしたらよいかを説明します。

声優を仕事にするのは難しい?

成功できるのは一握りの人だけ

日本のアニメは世界的にも人気が高く、数々のヒット作品が生まれていることから、自然と「声優」という職業を身近に感じ憧れを抱く人は少なくないようです。

しかし、声優として成功し順調に仕事を続けているのは、ほんの限られた人だけです。

華やかな世界に見えるかもしれませんが、日の目を浴びることなく消えていく人もたくさんいます。

実力こそすべての世界

声優は、自分の声一本で勝負する仕事です。

当然、実力のない人は蹴落とされますが、たとえある程度の技術を持っていたとしても、チャンスを掴むための運や人脈といった要素も関わってきます。

また、俳優とは異なり外見の変化が役の年齢に影響を及ぼしにくい仕事ですから、実力さえあればいくつになっても子供や若者の役をうけることができます。

したがって、若い声優に若い役が回ってくる保証はなく、むしろ変幻自在に声を操るベテラン人気声優に仕事が集中します。

給料(ギャラ)が安い

声優は、仕事ごとにギャランティをもらう形で収入を得ます。

このギャラも実力や経験によって差があり、新人であれば当然高額をもらうことはできません

また多くの声優はプロダクションに所属しますが、個人事業主として活動します。

ですから一般の会社員のように会社からの保証はありませんし、持っていたレギュラー番組が突然打ち切られて収入がなくなることもあります。

高収入を得る声優もいますが、少なくとも駆け出しのうちは平均以下の収入を覚悟しましょう。

声優の副業・アルバイト

新人時代は副業が必要になることも多い

声優としてデビューしたとしても、すぐに人気が出て莫大な収入を得ることはありません。

声優の出演料はランク制で、3年目までの新人の出演料は、30分アニメ1本あたり1万5千円、最高でも同じく4万5千円程度といわれています。

週に数本のレギュラーの仕事がもらえれば、比較的安定した生活ができるかもしれません。

しかし、特筆すべき実績のない新人のうちは希望する仕事ができないどころか、仕事を取ることも一苦労です。

多くの新人声優たちは声優の仕事の他にアルバイトなどをして何とか生計を立てているようです。

声優の仕事に影響が出ない仕事を探す

オーディションの通知が前日に届く、突然仕事が入るといったことは声優にとって日常茶飯事です。

副業をするのであれば、そういったことに対応できるように時間の融通が利く職場や登録制・1日単位の仕事を選ぶとよいでしょう。

声優に関連する副業として、登録制のタレント事務所やエキストラ事務所に所属して活動する人もいます。

声優を仕事にするのは難しい? のまとめ

声優の活躍する世界は華やかに見えるかもしれませんが、日の目を浴びることなく消えていく人もたくさんいます。

外見の変化が役の年齢に影響を及ぼしにくい仕事ですから、実力さえあればいくつになっても子供や若者の役をうけることができます。

したがって、若い声優に若い役が回ってくる保証はなく、むしろ変幻自在に声を操るベテラン人気声優に仕事が集中するのです。

また、ギャラは実力や経験によって差があり、新人であれば当然高額をもらうことはできません。

少なくとも駆け出しのうちは平均以下の収入を覚悟しましょう。

副業をするのであれば、そういったことに対応できるように時間の融通が利く職場や登録制・1日単位の仕事を選ぶとよいでしょう。