ネイリストの辞めたい理由で多いものは? 離職率はどれくらい?

ネイリストの離職率

 

お洒落で華やかなイメージがあり、自宅サロン開業、フリーランスなど働き方の幅が広いネイリストは、結婚や出産などのライフスタイルの変化にも柔軟に対応しやすいこともあり、女性を中心に人気の職業です。

特にネイルが好き、美容に関心があるという人には、好きなことを仕事にできるということもあり、憧れの職業で、目指す人も多いです。

しかし、お客様からお金を貰って施術を行うプロのネイリストには、憧れだけでは務まらない厳しい現実があります。

実は、新人ネイリストがネイルサロンに就職しても、1年後には半分~8割が辞めるという現実があります。

この原因は「入社前(ネイリストになる前)の憧れ」と「現実の現場の厳しさ」のギャップです。

理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、仕事、待遇、職場環境への不満を増長させ、結果辞めるという結論になるのです。

ネイリストの離職理由

 

給料が低い

 

ネイリストの平均給与は年収300万円程度です。

小規模なネイルサロンでは、ボーナスがないことも多く、一般企業に比べて、給料水準は高いとはいえません。

さらに、新人や未経験者がサロンに就職した場合、アルバイトからスタートすることも多く、長い期間の下積みを経て、ようやく一般企業水準並みの給料が貰えるという現実があります。

特にアルバイト時代、研修中はプライベートな時間を削る自主練習も多く、拘束時間、疲労に対する収入の少なさに、愕然とするでしょう。

もちろん、技術・経験を積めば積むほど、歩合給などもつき、給料アップします。

また自宅サロン開業、フリーランスなどの働き方も可能で、頑張れば頑張るほど年収アップし、なかには600万~1000万稼ぐネイリストもいます。

しかし、ある程度稼げるようになるまでの道のりが長く、厳しいことから、仕事に見合っていないと感じ、一人前になるまでに辞めてしまう人が多いです。

肉体的にハード

 

華やかなイメージのあるネイリストですが、肉体的にハードな仕事です。

ネイルサロンに勤務する場合、早番、遅番などシフト制で、勤務時間、休日が不規則になりがちです。

さらに、勤務開始前30分~1時間前に出勤し、開店準備を済ませます。

勤務時間中は予約状況、施術内容によっては、休憩がとれないことも珍しくありません。

勤務時間後も雑務、自主練習などで実質的な残業が発生することも多く、長時間勤務になりがちです。

ネイリストは同じ体勢で施術を行うため、腰痛、肩こり、腱鞘炎といった職業病に苦しむ人も多いです。

その中でも、技術向上のためにストイックに練習することが求められる業界のため、疲れきってしまい、挫折してしまう人も多いです。

接客の悩み

 

ネイルの施術は1時間半~長ければ3時間程度かかることもあります。

ネイリストはお客様の手元を美しくするだけでなく、居心地よく過ごしてもらうことも大切です。

お客様によってはネイリストと楽しく会話をしたい方もいますが、静かに過ごしたいという方もいます。

お客様のタイプを見抜き、お客様との適切な距離感を探りながら会話をするには、高いコミュニケーション能力、対人スキルを要します。

さらにお客様の中には、イライラしていて理不尽な要求をしてくる方もいて、精神的にまいることもあります。

また施術ミスやお客様とのデザインの共有ミスがあった場合、クレームは直接ネイリストにぶつけられるため、接客自体が怖くなるということもあります。

人間関係の悩み

 

多くのネイリストの勤務先となるネイルサロンは、小規模なところが多いです。

またネイリストは圧倒的に女性が多いため、女性特有の人間関係、気遣いが苦手な人は仕事が苦になるでしょう。

サロンによってはお局様的存在がいたり、派閥があったりと時にはいじめに発展することもあります。

肉体的にもハードな仕事で、精神的なストレスも抱え、うつ病になってしまい、離職に追い込まれることもあります。

ネイリストとして長く働くために

 

まず、ネイリストになるにあたって、憧れだけではなく、一人前になるには厳しい現実があることを知りましょう。

頑張ったら頑張った分、給料や待遇が向上し、働きやすくなるため、一人前になるまでは何としても頑張るという気合、根性が必要です。

そして、その厳しい現実にあたり、自分にあうサロンを選ぶことが大切です。

給料の高さ、人間関係の良さ、研修の充実など、職場を決める優先順位は人により違います。

自分自身で職場の雰囲気をしっかりと見極めましょう。

一般的に給与などの条件が良いのは正社員ですが、勤務時間や休日などの面で自由度が高いアルバイトに対し、正社員の場合は勤務時間も長くなりがちで、より責任が重くなります。

そういった面も踏まえて、自分が希望するスタイルで働ける職場を選ぶことが大切だといえるでしょう。