ネイリストの勤務時間・休日

勤務体制はサロンによる

  
 
ネイルサロンに勤務するネイリストの場合、勤務先のサロンの勤務体制によりシフト制か定時制かが決まります。

繁華街にあるネイルサロンは夜遅い時間まで営業していたり、なかには24時間営業していたりするネイルサロンもあります。

逆に閑静な住宅街にある隠れ家的サロンなどで「完全予約制」を敷いているようなサロンでは、昼から営業し、夕方には閉めることもあります。

営業時間の短いサロンでは、毎日の始業・就業時刻が決まった定時制で営業中はフルで出勤することもあります

業界の傾向としては9時~21時の営業時間をとるサロンが多く、労働基準法遵守の観点から1人のネイリストが働ける時間は決まっているため、早番・遅番などのシフト制のところが多いです。

ネイリストの勤務時間

 

正社員の場合

 

正社員の場合、シフト制など勤務先の営業体制に従い、1日8時間程度勤務します。

勤務開始前は、1時間~30分ほど早く出勤し、店内の清掃、開店準備を行います。

お客様の予約やネイル内容によっては、予定終了勤務時間を超過し、残業になることも多いです。

また勤務後も残って、技術向上に向けた練習を行うこともあります。

練習自体は強制でないことも多いですが、技術の向上がないと、お客様の指名がつかない、歩合が発生しないなど待遇が不利になることもあり、ネイリストになりたての人は自然とサロンにいる時間が多くなります。

家に帰ったら寝るだけの生活を送るネイリストも珍しくありません。

非正規雇用の場合

 

ネイルサロンの求人ではアルバイト、パートを募集することもあります。

正社員に比べて、雇用の安定性や福利厚生という待遇面では劣るものの、「週2から勤務OK」「1日4時間~勤務OK」と勤務時間の融通が利きやすい働き方です。

その為、育児をしながら働きたい人、Wワークとして働きたい人など、ライフイベントの変化に対応しながら、ネイリストとしてキャリアを継続することも可能です。

一方でネイルサロンによっては、「見習い」として未経験者をアルバイト・パートとして雇用する場合もあります。

未経験者がパート、アルバイトで働く場合、勤務後に技術習得のための練習、研修があることが多く、経験者に比べて、ネイルサロンにいる時間自体は長くなる傾向にあります。

独立開業の場合

 

独立開業のメリットの1つに自分の裁量で自由に営業時間=勤務時間を決められるということが挙げられます。

完全予約にしておけば、自分の都合にあわせて働くことができるため、子供が出来た場合にも時間をやりくりしながら働くことができます。

ネイリストの休日

 

土日休みは少ない傾向

ネイリストの休日は週休2日制もあれば、月に6回程度の休みということもあり、勤務先によります。

サロン自体に定休日があれば、その日は休めますが、年中無休のお店であれば休日もスタッフでシフトを決め、交代で取得することになります。

年末年始などは休業するサロンも多く、ネイリストも長期休暇になります。

一般的にネイルサロン業界は、土日祝日が繁忙日になるため、土日に休めることは少なく、平日休みが多くなる傾向です。

なお独立開業の場合は、休日も自分で予約をコントロールしながら設定できるため、土日休みにして家族と過ごすというネイリストもいます。

ネイリストの育児休暇など

ネイル業界は小規模なサロンが多く、一般企業に比べて、育児休暇や有給休暇の制度、取得率が劣っていることも多いです。

最近は、ワークライフバランスを重視し有給休暇を取りやすいようにしたり、産後の女性も継続してキャリアを積めるように育児休暇を手厚くしたりする企業も増えてはいます。

入社時は制度の有無だけでなく、実際の運用方法や取得率もチェックしましょう。

ネイリストの残業

 

ネイル業界は基本的に残業が発生しやすいという傾向にあります。

まず施術内容やお客様の到着が遅れることで、就業時刻が伸びてしまうことがあります。

さらに施術中に手が回らない場合、ネイルチップ制作、備品点検なども勤務後に行う必要があります。

またネイリストは技術職で、お客様に満足のいくサービスを提供するために、勤務後に技術講習や研修が行われることも多いです。

なかには強制ではなく自主的な練習という形で、残業という形をとらないサロンもあります。

経験が浅ければ浅いほど、この練習は欠かせないため、勤務後2~3時間はサロンに残る人も多いです。

この練習に残業代が支給されないことも多く、肉体的にもきつくなり離職する人もいます。

改善に乗り出す企業もあり、残業代支給、勤務時間中の研修実施などの取り組みで、残業ゼロを謳う求人もあります。

入社時に残業の取り扱いなどを比較し、検討してみることが大切です。

しかし、ネイリストは技術職で、残業という形はとらずとも、技術向上に練習は欠かせません。

自主的に練習をして、1日もはやく一人前のネイリストになろうとする気合と覚悟が求められるでしょう。

ネイリストは忙しい?激務?

 

ネイリストとして一人前になるためには、高い技術レベルが求められ、サロンに就職したあとも練習の日々が続きます。

勤務時間前に出勤し、開店準備をして、時に昼食もとらないほどに忙しく施術、接客をこなした上で、勤務後や休日にプライベートな時間を削り練習をしなくてはなりません。

この練習には残業代が支払われないことも多く、肉体的にも経済的にも厳しく感じるでしょう。

ネイリストは経験を積み、技術が向上しない限り、安定した収入を得ることは難しい現実があります。

新人や経験が浅いうちは、働く時間と給与が見合っていないように感じ、辞めてしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、頑張って経験を積み、技術が身に着けば、練習時間も短くなりますし、歩合給も増え、収入面でも安定してくるようになります。

最近はネイルサロン同士の競争が激しくなり、人件費を可能な限り抑え、ブラックといわれる働き方をネイリストに強いるサロンも存在します。

入社時は、給料面、働きやすさなど、総合的にサロンを見極めることが大切です。

ネイリストの休日の過ごし方

 

ネイリストは休日のプライベートな時間を削り、練習に励むということも珍しくありません。

他にもネイルの材料を購入しにお店に行ったり、自分の感性を高めるために美術館やアトリエを訪れたりする人もいます。

さらにお客様との会話を盛り上げるために、話題のスポットに足を運ぶなど、休日を仕事の質を高めるための時間として活用するネイリストも多いです。

勿論、日頃の激務ともいえるサロンワークから離れ、休日は家でゆっくり過ごす人もいます。

またネイリストは肩こり、腰痛という職業病に苦しむ人も多く、休日は整体やマッサージに通い、次の勤務に向け、鋭気を養う人もいます。

休みも仕事と完全に切り離すことは難しいかもしれませんが、上手に休みを活用し、心身ともにリフレッシュしながら、技術向上に努めるのが理想の休日の過ごし方です。

ネイリストの1日・生活スタイル