ネイリストになるために必要な勉強や練習は?

ネイリストとして働くには、さまざまな勉強をして、しっかりとした知識を身につける必要があります。

もちろん、ネイルの施術をするための技術力の向上に努めることも重要です。

ここでは、ネイリストになるために勉強すべきことを紹介します。

爪の構造・衛生面の知識の習得

爪の構造・病気について

きれいなカラーリングやアートは、ボロボロの爪先には施術できません。

そのため、まずは「健康な爪」の状態をつくることが大事になってきます。

ネイリストは、お客さまの爪そのものをケアするために、人間の爪の構造や爪の病気について勉強しています。

たとえば、ネイルの施術を希望するお客さまのネイルオフをした時に、「グリーンネイル」といわれる爪の病気症状に気がつくことがあります。

こういったときには、お客さまにこの日のネイル施術は辞めたほうがよいことを推奨し、簡単な症状の説明と、様子をみて皮膚科に行くことを案内する必要があります。

爪に関する豊富な知識を身につけているからこそ、こういった提案もできるのです。

衛生面について

ネイリストはお客さまの体の一部に触れるため、道具の消毒など、衛生面の知識もしっかりと習得しなくてはなりません。

また、施術には薬品を使用しますが、お客さまのなかにはアレルギー体質だったり、皮膚が弱かったりする方もいるため、ときにはお客さまにそのリスク説明も必要です。

これらの爪に関する知識は、お客さまに安全・安心なサービスを提供するために欠かせないものであり、お客さまとの信頼関係構築にも役立ちます。

施術の流れ・技術を身につける

爪の知識をもち、きれいなカラーリングや高度なアートをお客さまに施すためには、技術の練習・訓練が必要です。

ネイルケアや爪の修正の方法、ネイルアートそれぞれの施術の流れをはじめ、マニキュアやジェル、アクリルといった技術の種類について、そして使用するさまざまな道具についての知識を身につけます。

未経験者であれば、ブラシの持ち方や手の動かし方など、基本から訓練します。

実践的な練習を繰り返す

ネイリストはお客さまに都度要望を聞きながら、施術を行います。

相手に言われたことを、ネイルで正しく表現する力を身につけるためにも、実践的な練習が重要です。

「こういうネイルを完成させたい」というイメージを念頭に置きながら、ネイルチップを使い、繰り返し練習をします。

練習を続けながら、ネイリストの資格取得を目標とするネイリストもいます。

なお、より実践的な練習にするためには、生身の人間の手に施術することが一番とされています。

家族、友人だけでなく、ハンドモデルの爪に実際に施術することで、今まで気が付かなかった自分の弱点を把握することができます。

最新のトレンド、色彩感覚を学ぶ

ネイリストにとって雑誌を読み、最新のトレンドやファッション情報を知ることもまた大切です。

ネイルはファッションと同じように変化の激しい業界のため、日々学ぶ姿勢がネイリストには求められます。

また、ネイリストはデザインを考えたり、お客さまの要望に合うアートを表現したりしなくてはなりません。

カラーコーディネートの勉強、芸術鑑賞などを通じ、ネイリストとしての豊かな独創性、芸術性を高めていくことも大事です。