ネイリストになるために必要な勉強や練習は?

爪の構造・衛生面

爪の構造・病気についての知識

ネイリストは爪先を綺麗に華やかに装うカラーリングやアートをする仕事というイメージが強いでしょう。

綺麗なカラーリングやアートはボロボロの爪先には施術できず、健康な爪という状態が大切になります。

ネイリストは爪そのものをケアすること、健康的で美しい爪を守るための豊富な知識を持ち、お客様に対してネイルケアを実践することが重要な役目となっています。

そのためには、人間の爪の構造や爪の病気について勉強しなくてはなりません。

例えば、ネイルの施術を希望するお客様がいて、ネイルオフをした時にグリーンネイルといわれる爪の病気症状に気が付くこともあるでしょう。

この時、爪の専門家として、お客様にネイル施術は辞めること、簡単な症状の説明、様子をみて皮膚科に行くことを案内する必要があります。

衛生面の知識

他に、ネイリストはお客様の体に触れるため、道具の消毒など衛生面の知識も必要です。

さらに施術には薬品を使用しますが、お客様の中にはアレルギー体質、皮膚が弱い方もいるため、炎症などの知識もち、時にお客様にそのリスク説明も必要です。

これらの爪に関する知識は、お客様に安全で安心なサービスを提供するために欠かせないもので、お客様との信頼関係構築にも役立ちます。

施術の流れ・技術

爪の知識をもち、綺麗なカラーリングや高度なアートをお客様に施すためには技術練習が必要です。

ネイルケアや爪の修正の方法、ネイルアートそれぞれの施術の流れをはじめ、マニキュアやジェル、アクリルといった技術の種類について、そして使用するさまざまな道具についての知識を身につけていきます。
未経験者であれば、ブラシの持ち方や手の動かし方など、基本から勉強します。

実践的な練習

ネイリストはお客様の前で、お客様の要望を聞きながら、施術を行う必要があります。

ネイルチップを使い、繰り返し練習をして、こういうネイルを完成させたいというイメージを念頭に置きながら、それをきれいな形にするために努力を重ねます。

休みの日、勤務後などプライベートな時間を削りながら繰り返し練習し、スキルアップを図ります。

なかには資格取得を1つの技術レベル目標とするネイリストもいます。

より実践的な練習にするためには、生身の人間の手に施術することが一番とされています。

家族、友人だけでなく、ハンドモデルの爪に実際に施術することで、今まで気が付かなかった自分の弱点を把握することが出来ます。

最新のトレンド、色彩感覚など

ネイリストにとって雑誌を読み、最新のトレンドやファッション情報を知ることもまた大切です。

変化の激しい業界のため、日々学ぶ姿勢がネイリストには求められます。

またネイリストはデザインを考えたり、お客様の要望に合うアートを表現したりします。

カラーコーディネートの勉強、芸術鑑賞などを通じ、ネイリストとして独創性、芸術性を高めていく必要があります。