仕事体験談

営業成績を残してこそ、居心地の良さを感じられる

回答者 : カルメルさん(男性/32歳)

職業名 : 不動産業界 住宅営業現在の状態 : 経験者経験年数 : 3年

仕事内容
東京の中堅不動産会社にて、個人向けの不動産販売をしていました。

住宅を買いたいというお客さまに対し、住宅を購入することの有効性等を話し、購入頂けるようにフォローする仕事です。

比較的高い給料の下、営業していました。
仕事のやりがい
不動産を購入しようと考えているお客さまは、不動産や住宅ローンについて詳しい人は少数です。

自分の不動産・金融に関する知識を活かしてお客さまに安心してもらうことが大切であり、やりがいを感じることができる点です。
覚悟しておいた方がいいこと
会社からは営業成績を強く求められる仕事です。

お客さまに不動産を購入して頂けず、営業成績が伸びないと、社内での立場が悪くなっていきます。

営業成績を残してこそ、不動産業界において居心地の良さを感じられると思います。
給料・待遇
27歳の時に入社しました。

初年度は、月給30万円に設定されていました。

営業成績によって賞与の額が変動しますが、平均で50万円程度です。

土日は休みではなく、平日の火曜日・水曜日が休みでした。

若手の多い会社でした。
この職業の恋愛・結婚事情
他の業界とは異なり、土日が休みの仕事ではありません。

従って、同じ業界の人と恋愛する人が多いです。

他業界との交流については金融業界との結びつきが強いため、金融関係の職員との出会いは見込むことができます。
この職業を目指す人へのメッセージ
向上心のある人には向いている仕事だと思います。

営業成績を伸ばし、高い給料を手にし、社長の座を狙って出世を目指していく人には、最適の環境が整っています。

他の業界よりも給料は高く、営業成績次第で破格の賞与もあります。

向上心のある人こそ、必要とされています。