ケアマネジャーの就職先と活躍の場

ケアマネジャーには、大きく分けると「居宅ケアマネ」と「施設ケアマネ」という、2つの特有の働き方があります。

本記事では、それぞれの働き方や、どのような場で仕事をするのかなどについて詳しく紹介します。

ケアマネジャーの勤務先・働き方の種類

ケアマネジャーには、大きく分けて2つの働き方があります。

ケアマネジャーの2つの働き方
  • 自宅で生活する人を担当する「居宅ケアマネ」
  • 特別養護老人ホームなどの施設に暮らす人を対象とした「施設ケアマネ」

ケアマネジャーの仕事内容・役割

居宅(在宅)で働くケアマネジャー

居宅介護支援事業所とは?

「居宅ケアマネ」は、「居宅介護支援事業所」といわれる場所に勤務しています。

居宅介護支援事業所とは、在宅で介護を受けている高齢者に、居宅介護サービスを提供するために必要な支援をする場です。

ここでは、すべての業務をケアマネジャーが主体となって行います。

人が介護を必要とするとき、真っ先に相談をする場所が居宅介護支援事業所だといってもよいでしょう。

最近では、どの病院でも入院の日数が短くなっています。

しかしながら、医療的なケアは必要なくとも、家族や介護サービスの力を借りなくては生活できない高齢者は大勢います。

そのような自宅で暮らす高齢者に対して介護サービスを紹介し、実際にいつ、どんなサービスを受けるかの計画を立てるのが、居宅介護支援事業所のケアマネジャーです。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーの仕事

居宅介護支援事業所のケアマネジャー1人が担当する利用者は、標準で35人以下と法令で定められています。

また、通常は1人の利用者に対し、1人のケアマネジャーが付きます。

公的な介護サービス(ホームヘルパーやデイサービスなど)を利用するためには、まず利用を希望する高齢者が、どのくらい介護が必要な状態なのかを審査する「要介護認定」を受けなくてはなりません。

要介護が認定されると、ケアマネジャーは利用者のもとへ足を運び、介護に関する相談や要望をヒアリングします。

また、こうした業務に従事する一方で、更新研修や実務従事者基礎研修、専門研修など、専門性を高めるための研修にも参加することを求められます。

さらに休日や夜間は交替で緊急専用電話を携帯し、緊急の要件があればすぐに利用者のもとへ駆けつけるなど、いわば自宅での介護のフルサポート役として働きます。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーの役割

一般の高齢者は、介護サービスの知識をほとんどもっていません。

そのため、与えられるサービスをそのまま利用しているのが現状です。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーは利用者の高齢者の代弁者として、担当する高齢者に、いま何が一番必要なのかを考える役割を担います。

高齢者の立場に立った支援を行うことが求められます。

施設で働くケアマネジャー

「介護保険施設」でも、ケアマネジャーが活躍しています。

  • 施設で暮らす高齢者の要介護度認定の更新など各種手続きの代行や生活相談を行う
  • 介護計画を作成し施設でよりよい支援を受けられるようサポートする

上記が主な仕事で、いわば施設生活のコンシェルジュ的存在です。

施設ケアマネが活躍する介護保険施設

1.介護老人保健施設

介護老人保健施設は、病気療養後、病院を退院となったものの、すぐに自宅での生活を送るには不安が残るという高齢者を対象に、在宅生活に戻るためのリハビリや介護を受けることのできる施設です。

そのため、入所期間は3ヵ月から半年と比較的短期間であることが特徴です。

2.特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、24時間体制の介護が必要な人や、家庭事情などを理由に、一人での生活が困難な高齢者が入所する施設です。

公的な事業のひとつで、空室であれば誰でもお金を支払って入れる所ではなく、特定の基準を満たしている人のみが入居できます。

いったん入所すると、看取りまでその施設で過ごす利用者が多く、終の棲家としての役割も重要視されています。

3.介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、病状が比較的安定しているものの、医療的なケアやリハビリが必要な高齢者を対象とした施設です。

医師により在宅での生活が可能と診断されると退院となります。

有料老人ホームで働くケアマネジャー

有料老人ホームで働くケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーの比較的新しい職場として、「有料老人ホーム」があります。

ケアマネジャーは、こうした施設でも介護保険を利用する人の相談に乗ったり、ケアマネジメントを行ったりしています。

有料老人ホームは民間企業であるため、その企業独自の方針があり、それによって業務の内容の範囲もさまざまです。

どのような事業所に勤めても、基本的なケアマネジメント業務に変わりはありません。

ただし、介護付き有料老人ホームであれば施設ケアマネに近い仕事を、住宅型有料老人ホームであれば居宅ケアマネに近い仕事をするなど、若干の違いはあります。

有料老人ホームとは?

有料老人ホームは、営利を目的とした民間企業が運営しています。

サービスはそれぞれの企業により異なりますが、公的機関よりもサービスが充実しているところが多く、一般的にはプライバシーに配慮した個室の生活空間が提供されます。

ホテルのように優雅な食事が楽しめるレストランやカラオケルーム、シアタールームなどが完備されているケースもあります。

また、医療機関と連携して医療サービスも受けられるところもあります。

近年介護業界がビジネスとして成り立つため、お金を払えば入居できる有料老人ホームが増えてきています。

有料老人ホームの種類

介護付き有料老人ホーム

入居すると、介護を必要としたとき、施設でそのまま介護サービスを利用できます。

住宅型有料老人ホーム

施設というよりはアパートの個室に居住して、生活援助やレクリエーションなどのサービスを受けることができます。

軽度の要介護の利用者であれば、外部の訪問介護を利用してホームでの生活が可能です。

健康型有料老人ホーム

独居でひとりでの生活に不安を持っているものの、介護は必要としない人が対象です。

介護が必要になった際には、退去しなくてはいけません。

ケアマネジャーの就職先と活躍の場のまとめ

ケアマネジャーには、大きく分けて2つの働き方があります。

自宅で生活する人を担当する「居宅ケアマネ」と、特別養護老人ホームなどの施設に暮らす人を対象とした「施設ケアマネ」です。

自宅で暮らす高齢者に介護サービスを紹介し、実際にいつ、どんなサービスを受けるかの計画をたてるのが、居宅介護支援事業所のケアマネジャーです。

一方、施設で暮らす高齢者の要介護度認定の更新など各種手続きの代行や生活相談を受け、介護計画を作成し、施設でよりよい支援を受けられるようサポートするのが、介護保険施設で活躍するケアマネジャーです。

「施設ケアマネ」は、介護老人保健施設や特別養護老人ホームのほか、有料老人ホームなどでも働いています。