客室乗務員の人間関係は大変?

女性中心の社会

最近では男性の客室乗務員を採用する航空会社もありますが、客室乗務員はまだまだ女性が中心のであることには間違いありません。

なかには、女性同士の人間関係で悩みを抱える人もいるようです。

特にこの仕事ではチームプレーが大切にされるため、個性を出すよりも周囲に同調し協力して働こうという姿勢が必要になります。

協調性が求められる仕事であるがゆえに、人間関係の構築には気を遣う必要があると言えます。

密度の濃い関係になりがち

客室乗務員を目指す人にとって、職場の人間関係に不安を抱く人は少なくありません。

客室乗務員は飛行機内という狭い時間で長時間一緒に業務にあたるため、他の職業に比べどうしても密度の濃い関係になりがちです。

また、客室乗務員は上下関係がはっきりとしているため、「何年入社」「何期入社」かによって先輩・後輩という意識が強い仕事でもあります。

新人のうちは先輩が怖い存在と感じられるかもしれませんが、先輩も新人をしっかりと指導するという役目があるため、常に優しい態度で接してくれるわけではありません。

先輩の目が怖いと言って萎縮せずに、積極的にアドバイスをもらったり指導をお願いしたりして目をかけてもらえば、先輩からの見る目も変わるかもしれません。

働くクルーは毎回変わる

ときには厳しい先輩や、気が合わないクルーも出てくることでしょう。

ただし、客室乗務員は常に同じクルーとフライトを共にしているわけではありません。

苦手な人がいたとしても、毎回同じフライトになるわけではないため、毎日デスクで顔を合わせなくてはならないサラリーマンに比べると気が楽な部分もあるでしょう。

また、人間関係がうまくいかずに退職・離職する客室乗務員も少なくないため、悩みが出てきたらできるだけ早めに信頼できる仲間や上司に相談するなど、状況改善のための働きかけをすることが大切です。

現場の声をリサーチする

航空会社によっても、社内の雰囲気は大きく異なります。

大手航空会社の場合は、上下関係が厳しく人間関係も難しいというイメージがありますが、まだ歴史の浅いLCCは、「みんなで作り上げていく」という社風のため、大手航空会社に比べると風通しが良く人間関係も良好なことがあります。

また外資系航空会社の場合は、仕事の出来がすべてを左右するため、経験や年齢関係なくさまざまな客室乗務員が働いていて、プライベートに干渉されることはほとんどありません。

同じ航空会社だとしても、ベースとなる空港や配属によってまた違った印象を受けることもあるでしょう。

もちろん、就職してみなければわからない部分も多いため、現役で働いている先輩から話を聞いたり、積極的に会社説明会に参加したりするなどして、できるだけ多くの情報を集めて判断することが必要です。

また、客室乗務員として働く上では、仕事は仕事と割り切って人間関係に関わらず業務に当たることも大切です。

どうしても人間関係に疲れてしまった場合は、他の仕事への転職を考えてみるのもよいでしょう。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれます。

まずは気軽に相談してみてもよいでしょう。