テレビディレクターへの転職

テレビディレクターへの転職は経験必須

他の仕事に就いていても、「やっぱりテレビが好き。テレビディレクターへの道を諦めきれない!」という方もいらっしゃいます。とはいえ、誰しもがすぐにテレビディレクターに転職できるわけではありません。

たとえば、社会人になってずっと事務をしてきた方が、すぐにテレビディレクターに転職できるかといえば可能性は低いです。

なぜなら、当然ですが、素人がすぐにテレビ番組を作れるわけがないからです。

ですから未経験の方は、アシスタントディレクターの道に進んでから、ディレクターを目指すことになります。

すぐにテレビディレクターになるのは難しいですが、アシスタントディレクターという道を経れば、夢を掴むことはできるかもしれません。

他の業界で努力を重ねてきた経験は、きっとディレクターになった後でも役に立つことでしょう。

テレビ局への転職は難しい。転職するなら制作会社へ

テレビディレクターへの転職を考えている方は、制作会社への転職をオススメします。

「テレビ番組を制作するのは、テレビ局の人ではないの?」と思っている方がいらっしゃいますが、そうとは限りません。地方局は別として、キー局では番組のほとんどを外部制作会社に外注しているのです。

制作会社の方が、求人募集をかけているところが多いので転職しやすいというメリットもあります。

求人は常にある!大手転職サイトをチェック

テレビディレクターへの転職は、決して不可能な道ではありません。

経験がある方は、すぐに即戦力として受け入れてくれる局や制作会社が見つかるでしょうし、フリーでも働くことができます。

未経験の方も、制作会社のアシスタントディレクターの求人を探せばよいのです。大手転職サイトのマスコミ業界のページを見てみれば、求人募集が見つかるでしょう。

誰かが辞めたら、誰かを雇うという世界です。小まめに求人情報をチェックしてみましょう。

仕事体験談