通訳の給料、年収、時給

通訳の収入は、実績やスキルなどによって非常に幅があります。

また、正社員で企業に属している場合と、フリーランスで活動している場合でも差が出やすくなっています。

そうした点を念頭に置いたうえで、通訳の平均的な収入を紹介していきます。

企業で正社員として働いている場合

まだ数はさほど多くないものの、国際化が進み、日本の企業でも通訳を正社員として雇っているところが増えつつあります。

そうした企業に勤める正社員の通訳の平均年収は、400万円~1000万円ほどといわれています。

経験により差が出てくるため、若くて得意分野も少ない場合の給料は、一般的な職種の会社員の給料に少しプラスされた程度と考えおくとよいでしょう。

能力が上がり、重要な会議の通訳を任せられるほどのポストになれば、年収1000万円を超えるケースもあります。

フリーランスの場合

フリーランスで通訳をしている人も多くいます。

その場合、基本的に時給で報酬をもらうことになります。一般的には時給2,000円~4,000円程度、年収にして300万~600万円くらいを得ている人が多いようです。

ただし、フリーランスで働いていく場合には、語学能力に加えて、得意としているジャンルを持っていることが重要です。

医学や法律など特定の専門分野に強みがあると、希少価値があり、時給も上がる傾向にあります。

通訳者の年収は、スキルと仕事量によって大きく変わります。人脈があって仕事がつねにあり、国家レベルでの仕事を任せられるようなベテラン通訳者の年収は数千万円にもなるようです。

そのため、通訳になるためにそれまで投資してきたお金や時間を考えた場合、現状の収入がまったく割に合わないということにもなりかねませんが、人によっては非常に高い給与をもらって満足しているようです。

勤務時間・休日

通訳は、企業等の組織に所属するよりも、フリーランスとして通訳エージェントや派遣会社に登録して仕事を請け負う人が多い職業です。

そのため、決まった時間で仕事をするのではなく、案件の依頼があったときに、その内容に応じて働くスタイルが一般的です。

担当する仕事によっては各地(海外を含む)へ出張をすることもあるため、勤務時間が不規則になる場合があるでしょう。