スポーツ選手の通訳になるには? 必要な資格やスキル・求人状況を解説

/sports-tsuuyaku/

スポーツ界では、実際に競技をするアスリート以外にも、さまざまな職業に就く人が活躍しています。

今回ご紹介するスポーツ選手の「通訳」も、そのひとつです。

スポーツ選手の通訳が活躍できるのはサッカー、野球、ラグビーなど外国人選手がプレーする競技の現場です。

通訳で扱う言語の種類は英語だけでなく、スペイン語、ポルトガル語、韓国語など、さまざまです。

スポーツ選手の通訳の仕事内容

練習時や試合時に外国人選手の通訳を担当

スポーツ選手の通訳とは、スポーツチームやスポーツ選手個人と契約を結び、練習時や試合時にスポーツ選手の通訳をする人のことをいいます。

具体的な仕事内容は、練習時にトレーニング内容やコーチの指示を選手に伝えたり、ミーティングで選手のとなりに座って内容を同時通訳したりすることです。

試合時にもコーチの指示を選手に伝えたり、選手間のコミュニケーションで通訳をしたりします。

試合後のヒーローインタビューや、メディアからの取材を受ける際の通訳も、主な仕事のひとつです。

また、チームに所属する通訳は、チームスタッフの一人として通訳以外の業務を担当することもあります。

通訳は異国の地でプレーするアスリートの大きな支えとなる存在ですから、練習時や試合時だけでなく、ときには日常生活も含めたサポートが求められます。

スポーツ界ではさまざまな言語の通訳が活躍

スポーツ界で通訳が必要とされる言語はさまざまあります。

主な言語としては英語を筆頭に、野球界やサッカー界でニーズのあるスペイン語、主にサッカー界で活躍できるポルトガル語や韓国語などです。

近年はサッカーのJリーグなどでアジア出身の選手も日本でプレーするようになっているため、アジアの言語も必要とされるようになってきました。

選手の母語が国際的にマイナーな言語である場合は英語が使用されることが多いですが、通訳の需要がある言語は多様化してきているのも事実です。

スポーツ選手の通訳になるには・必要な資格

一般的な通訳の資格としては、外国語を使って観光案内を行うことができる「通訳案内士」という国家資格が存在します。

しかし、通訳の仕事を行うために取得が必須とされる資格はなく、スポーツ選手の通訳も、とくに資格は必要ありません。

基本的には各言語を通訳できる能力があれば、スポーツ界で通訳の仕事をすることは可能です。

ただし、スポーツ選手の通訳をするためには日常会話だけでなく、各競技に特化した専門用語まで通訳できなければなりません。

なお、スポーツ選手の通訳になるための資格や学校は存在しないため、通訳になる方法もさまざまです。

一つのパターンとしては、その競技の選手として外国でプレーしたり、指導者として留学した経験のある人が、その経験を生かして通訳となることがあります。

その場合、言語能力があるだけでなくその競技にも精通しているため、スポーツ界の通訳として活躍できる可能性が高いです。

スポーツ選手の通訳に向いている人・適性・必要なスキル

スポーツ選手の通訳は基本的な言語能力に加えて、各競技に特化した言語知識が備わっていることも非常に重要です。

スポーツ選手の通訳の職場は、通常、その競技のトップレベルの選手たちがプレーするカテゴリーが多いです。

そのため、競技によっては高度な戦術なども理解する必要があり、競技自体の知識や、それを通訳できる能力も求められます。

必ずしも各競技のプレー経験がある必要はありませんが、専門知識も含めて、ある程度は競技に精通していなければいけません。

また、スポーツ選手の通訳は言語面だけでなく、さまざまな部分で外国人選手やその家族のサポート役となります。

生活の充実度はプレーのパフォーマンスにも大きく影響しますから、生活面のサポートもスポーツ選手の通訳の重要な仕事といえます。

そういった面で細かい気づかいができることも、スポーツ選手の通訳の適性として求められます。

スポーツ選手の通訳の求人状況

スポーツ選手の通訳の求人は、求人情報誌や求人サイトなどで募集されることはあまりありません。

ラグビーのトップリーグのチームなどで契約社員として通訳が募集されることもありますが、一般的にはコネクションによって決まる場合が多いです。

すでにその競技の通訳として実績のある人にチームからオファーが出されたり、選手側が信頼する通訳を指名したりすることもあります。

実績のある通訳がチームを変えながら活躍していることが多い一方、新たな人材を起用することも少なくありません。

未経験者がスポーツ選手の通訳となるためにはコネクションが重要ですから、言語スキルを身につけることと同時に、その競技の関係者とつながりを築いておくことも必要です。

その競技に精通していて言語スキルがあれば、思わぬつながりから通訳のオファーが舞い込むこともあります。

また、チームスタッフが募集されることはありますから、まずはスタッフとしてそのチームに入ってコネクションを築く方法もあります。

スポーツ選手の通訳の現状と将来性

スポーツ界は国際化され、さまざまな競技において多くの外国人選手や外国人指導者が日本で活躍するようになりました。

反対に、日本人のアスリートや指導者が海外に挑戦するケースも増えており、スポーツ界の通訳の職場も多様化しています。

現状、スポーツチームに所属して通訳として活躍している人の数は限られており、選手個人の専属通訳となると、さらに限られます。

しかし、今後はさまざまな競技で国際化がさらに加速することが予想され、スポーツ選手の通訳の職場も広がっていくことが考えられます。

たとえば近年のJリーグでは、タイ出身の選手がプレーするようになったことでタイ語の通訳のニーズが生まれました。

英語を得意としない国の選手が日本でプレーすることも増えているため、今後も新たな言語の通訳が求められる可能性は十分にあります。

「スポーツ選手の通訳の仕事」のまとめ

スポーツ界の国際化にともない、スポーツ選手の通訳のニーズは多様化しています。

その競技の専門的な知識と語学力を兼ね備えた人材は限られており、とくに英語以外の言語の人材は希少です。

好きなスポーツに関わる仕事として、スポーツ選手の通訳はひとつの選択肢です。