通訳の1日・生活スタイル

通訳の業務スケジュール

通訳の仕事は多岐に渡ります。
そのため、どのような業務にあたるか、どのような人と一緒に仕事をするかによって、一日の業務スケジュールは大きく変わってきます。

そのため、業務内容によって毎日異なるスケジュールで働くと言うことも珍しくありません。

通訳の一日の流れ

通訳は、ビジネス、政治、スポーツ、エンターテインメントなどさまざまなシーンで活躍します。

そのため、業務内容によって1日の流れも変わっていきます。

ここでは、国内会議の通訳と、海外折衝の場合のそれぞれの一日を紹介します。

日本国内での業務を担当する通訳の一日

08:00 起床
スーツに着替えるなど準備をします。現場へ到着したら、今回の案件の担当者へ挨拶。
09:30 ミーティング
先方と商談内容について簡単な打ち合わせを行います。
10:00 通訳開始
海外の会社との商品打ち合わせが始まりました。相手方の話を、逐次通訳していきます。
12:30 昼食
ランチタイムは仕事ではありませんが、その場に同席。相手企業との会話を簡単に通訳して場を和ませます。
14:00 午後の通訳開始
午前中の会議の続きがスタート。議論が白熱してくると会話のスピードも上がってくるため、より集中力を高めて対応していきます。
16:30 通訳終了
担当者との内容確認や、今回の反省点など確認します。
17:30 帰宅
当日の仕事内容をまとめて次回必要な通訳の資料などを確認。他の企業の案件も、同時に確認しておきます。
20:00 翌日の準備
さまざまな案件を抱えている場合、相手企業の情報などを手帳にまとめて、頭にインプットしておきます。
23:30 就寝
翌日も早朝から仕事が入っているため、早めに就寝します。

海外との商談を担当する通訳の一日

10時 起床
仕事開始が遅めの日は、少し遅めの起床も可能です。

海外との商談の場合、インターネットを利用して自宅から通訳することも多いです。

12時 事前準備
実際の業務に当たる前の準備を整えます。

事前に揃えておいた資料を見返したり、通信環境を整えたりします。

日本側担当者と連絡をとり、簡単な打ち合わせを行います。

13時 ランチョンミーティングの通訳
本日1本目のお仕事は、シドニーオフィスと日本オフィスのランチョンミーティングの通訳。

食事をしながらのフランクな会議ですから、ユーモアも通じるよう、柔軟な通訳を心がけます。

15時 ミーティング終了
ミーティングが終了したら、一旦片付けます。

クライアントによっては、会議後すり合わせがあったり、報告書を提出したり、ということもあります。

15時30分 食事
仕事の間に食事を済ませます。
16時30分 次の会議の準備
一息ついたら、次の会議の準備をします。
17時 国際プレゼンテーションの通訳
2本目のお仕事は、パリオフィスでのプレゼンテーションの通訳。

パリの時間は午前10時です。

19時 会議終了
画面上で挨拶して終了。
20時 リラックス&食事
次の会議まで時間が空くので、その間に休憩したり、食事を済ませます。
21時 仮眠
少し長めに時間が空く時には仮眠を取ることもあります。
0時 起床
仮眠から起きたら、また身支度を整えます。
1時 事前準備
同様に事前の準備を整えます。
2時 会議通訳
本日3本目のお仕事は、ニューヨークの会社との商談の通訳。

現地時刻は午後1時です。

4時 会議終了
場合によっては、契約書の翻訳など関連した業務を依頼されることもあります。
5時 就寝
早朝になって仕事終了。そのまま就寝します。

翌日の仕事までに時間がない場合は、翌日の準備をしてから休むこともよくあります。

フリーランスは勤務時間も不規則

通訳はフリーランスで活躍する人が多くいますが、その給与形態は時給制が多く、1日に2時間程度だけの勤務という場合もあります。

逆に、多くの案件を抱える場合、日によっては分刻みのスケジュールで何件もの仕事をこなす、ということもあります。

また、今回紹介したように、時差の関係で深夜に勤務することもあります。

深夜勤務の翌日に国内企業で朝から勤務、という働き方も珍しいことではありません。

様々なスケジュールや要望に答えられるよう、心身の状態を整えておくことが大切です。

通訳の勤務時間・休日