通訳の仕事内容

通訳とは二つ以上の国の言語を使うことができ、状況に応じてある言語を異なる言語に変換(翻訳)することを職業としている人のことをいいます。 近年、日本でも国際化が進み、さまざまなシーンで通訳の需要が高まっています。 通訳には … 続きを読む

通訳の種類、分類

通訳の手法は、大きく「同時通訳」「逐次通訳」「ウィスパリング」の3つに分けることができます。 これらの手法を身につけ、駆使することによって、通訳はさまざまな場で活躍することが可能です。 ここでは、通訳の活躍領域別に、その … 続きを読む

通訳の1日

通訳の仕事は多岐に渡ります。 また、ビジネス、政治、スポーツ、エンターテインメントなどさまざまなシーンで活躍する通訳がいるため、人によって1日の流れもだいぶ変わっていきます。 ここでは、一般的なビジネスシーンで活躍する通 … 続きを読む

通訳の現状と将来性

国際化が進み需要は大きくなっている 「グローバル」という言葉が当たり前に使われるようになっている現代社会ですが、今後の日本の成長を考えたとき、国際化は無視することができません。 日本企業が海外へと積極的に進出していくなか … 続きを読む

通訳の役割

言葉の裏にある感情までくみ取る ある言語を別の言語へと訳す通訳の仕事。 もし、相手が発する言葉を単に別の言葉へと訳すだけであれば、最新の翻訳アプリなどでもカバーできるかもしれません。 しかし、これだけ翻訳機器のレベルが向 … 続きを読む

通訳の就職先と活躍の場

通訳の活躍の場はさまざまです。ここでは、代表的な就職先と、どのような仕事をしているかについて紹介します。 通訳の就職先の例 企業の専属通訳者として 通訳の就職先としてまず考えられるのが、国際的な取引を活発に行っている民間 … 続きを読む

医療通訳になるには

医療通訳とは? 日本で暮らしている外国人の数は、200万人以上にもおよぶといわれています。 在日外国人が日本の各地域での暮らしに馴染んでいく一方で、日本の病院内では、日本語をあまり話せない外国人の患者さんが増加しているよ … 続きを読む

通訳のやりがい

人と人が通じ合うためのサポートができる お互いに言葉が通じず困っているクライアントのコミュニケーションをスムーズにするのが、通訳の役割です。 その仕事を通じては、「双方が通じ合えた」という事実を目の当たりにすることができ … 続きを読む

通訳のつらいこと、大変なこと、苦労

曖昧な日本語がもたらす大変さ 日本語は、世界のなかでも曖昧な表現が多い言語といわれます。 多少漠然とした言い回しであっても、日本国内であれば「文脈」や「その場の雰囲気」で相手が本当に伝えたい内容が伝わることが多いため、私 … 続きを読む

通訳の魅力

グローバルに活躍できる 通訳は日本国内だけでなく、海外のどこであっても活躍することができます。 日本語とともにその国の言葉をマスターしているということで、外国での企業を相手として通訳業務を専門として活動することもできます … 続きを読む

通訳と翻訳の違い

話し言葉か、書き言葉か 外国語を巧みに操って活躍する職業の代表的なものに、「通訳」と「翻訳」があります。 どちらも高い外国語能力が必要とされる仕事であり、「外国語を訳す」という点では共通した仕事内容です。 しかし、仕事内 … 続きを読む