ツアーコンダクターの需要・現状と将来性

ツアーコンダクターの現状

旅行業界は、景気の影響を大きく受ける産業です。

長引く不況により、日本の旅行業界全体で競争が激しくなっており、ツアーコンダクターをとりまく状況も決して安泰とはいえません。

現在、若年層を中心に自分で手配する個人旅行や、交通機関とホテルがセットになったフリーツアーを選択する人が増えている現状があります。

また、海外ツアーにおいては、ガイドの資格を有する「ツアーガイド」が現地の観光案内をするケースが多く、往復の引率のみを行うツアーコンダクターの需要には限界があるのも事実です。

そのような流れを受け、旅行会社各社では、コスト削減のため、ツアーコンダクターを自社雇用ではなく専門の派遣会社に外注するケースが増えています。

こういった事情から、ツアーコンダクターは正社員としての安定した身分を確保することが難しく、厳しい生活を強いられている人が増えているのも実情です。

ツアーコンダクターの需要

若年層のツアー離れと対比して、熟年層にはパッケージツアーのファンが根強く残っています。

パッケージツアーを好む層は、期間の長短や行き先を問わず、出来る限りツアーコンダクターがいるツアーが良い、という希望を持っている人が多くいます。

現在旅行業界全体として、ツアーコンダクターの需要は根強く、今後も求められ続けると考えられます。

ツアーコンダクターの将来性

ただし、これから高齢化社会が進んでいくにともなって、パッケージツアーの需要は今後さらに伸びることが期待できます。

そうなれば、ツアーコンダクターの仕事は今以上に増えていき、活躍の機会も増えていくはずです。

しかし、企業におけるツアーコンダクター外注化の流れはすぐに変わることは難しいかもしれません。

実力主義の世界なので、最近では、未経験者を積極的に受け入れるツアーコンダクター専門の派遣会社も出てきています。

研修を受けて実務経験を積んで資格を取得すれば、ツアーコンダクターとして働くことができます。

これからツアーコンダクターを目指す人は、最初からフリーランスとしてキャリアを積んでいくチャンスが広がっているということもできます。

ツアーコンダクターの今後の活躍の場

これまでのツアーコンダクターは、旅行会社が企画したツアーにおいて、催行に関わる部分に責任を持ち、専門的に取り組んできました。

しかし、今後、ツアーコンダクターにフリーランスが増えていくと、人材同士での競争が生じると考えられます。

自分のスキルや実績を武器に、仕事を勝ち取っていく必要があるのです。

ただ、ツアーコンダクターにとって厳しい現状だけではなく、明るい材料もあります。

パッケージツアー減少を穴埋めするような、これまでになかったユニークな内容のツアー(ミステリーツアーや婚活ツアー、謎解きツアーなど)が現れ、若年層から一定の支持を受けていることも事実です。

あるいは、熟年層・高齢層に特化し、彼らが本当に必要なサポートやサービスを余すことなく盛り込んだツアーも、パッケージツアー需要の下支えとなる可能性があります。

このような目新しく需要のあるツアーを企画することができれば、ツアーコンダクターの需要は広がっていきます。

今後は、ツアーコンダクターひとりひとりが自分の専門性を生かし、自分にしかできない企画を立案・企業にプレゼンすることで、ゼロから仕事を生み出していくような仕組みも生まれていくかもしれません。