ツアーコンダクターのやりがい・楽しさ・魅力

ツアーコンダクターのやりがい・楽しさ

ツアーコンダクターは、ツアー催行中のすべての責任を負う重要な立場です。

プレッシャーを感じることも多いでしょうが、その分やりがいのある仕事ということができます。

自分の力でツアーを成功に導くことができる

参加者をとりまとめるツアーコンダクターは、いつでも「安全第一」で旅を進めていかなくてはなりません。

特に海外ツアーともなれば、日本とは文化も気候も風習も違うところで過ごすことになるため、トラブルがないよう事前に綿密な準備をして、ツアー中も常に気を配る必要があります。

かなりの緊張感が続きますが、何事もなくツアーが終わって帰ってきたときには、大きな安堵感に包まれます。

参加者が旅に満足してくれた様子を見ることが、ツアーコンダクターにとって最高の喜びです。

しっかりと準備し、当日もさまざまな調整を行った結果、無事ツアーが成功した時には、他の仕事ではなかなか味わうことのできない大きなやりがいと楽しさを感じることができるでしょう。

人の役に立っていると実感できる

ツアーコンダクターは、観光情報を提供したり相談相手になったりしながら、参加者をあの手この手で楽しませる必要があります。

自分がお勧めした観光スポットや食事を参加者が気に入ってくれたら、とてもうれしい気持ちになるでしょう。

また、直接「楽しかったです、ありがとう」と感謝される機会が多いため、自分が役に立っている実感が味わいやすいことも、仕事を続けていくうえでの大きなやりがいです。

自分自身の成長につながる

ツアーコンダクターは、多くの人と接する仕事です。

ツアーの参加者は基本的に毎回異なりますし、日常生活ではあまり知り合えないような年代や職業の人と出会ったり、旅先では現地の人と会話をする機会もあります。

さまざまな人との触れ合いを続けていくうちに、新たな発見をしたり、見聞が広まります。

仕事を通じて、自分を一回りも二回りも大きくさせていくことができるこの仕事。

たとえ忙しく疲れても、「毎日が充実している!」と前向きに話す人が多いのもうなづけます。

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの魅力

ツアーコンダクターの仕事は旅行の現場が職場であり、一般的なデスクワークとは大きく異なる仕事といえます。

だからこそ、ツアーコンダクターでしか味わうことのできない魅力のある仕事でもあります。

さまざまな場所に行き、多くの人と出会うことができる

ツアーコンダクターの最大の魅力のひとつは、仕事で国内外さまざまな場所に行けることでしょう。

ツアーコンダクターになる人に旅行が好きな人が多いのもうなずけます。

そのような人にとって、仕事を通して行ったことのない場所に行ったり、現地の素晴らしい景色や建物を見たりできるのは、最高にうれしいことです。

また、多くの人との出会いがあることも、この仕事の魅力のひとつです。

参加者との出会いもそうですし、現地の人との触れ合いを通じて、自分の心を豊かにすることができます。

もちろん、仕事中は自分で好き勝手に遊べるわけではありません。

しかし、ちょっと空いた時間を使って上手に観光をしたり、地元の食べ物を楽しんだりしているツアーコンダクターも少なくありません。

人の笑顔を作り出す仕事である

ツアーコンダクターは、人を笑顔にする仕事です。

ツアーの参加者は誰しも、旅行を心から楽しみたいと思っています。

たくさんのワクワク、ドキドキが入り混じる中、参加者からはさまざまな要望をぶつけられるため、大変だと感じることもあるでしょう。

しかし、いつでも誠実さを忘れず、相手の期待に応えることができれば、最後には「ありがとう」という言葉につなげることができます。

裏方に徹して下調べをしたり、テンションを上げて参加者を楽しませたりと、気を遣わなくてはならない場面も多い仕事ですが、自分の活躍によってみんなが笑ってくれることに喜びを感じられる人にとっては、最高に魅力ある仕事だといえるでしょう。

努力次第でステップアップも可能

ツアーコンダクターは、たくさんのツアーに添乗して得た知識や経験が、自分の財産となります。

長く勤務を続けていけばいくほど、参加者に提供できる情報やガイドの仕方にも幅が出て、どんどん仕事が楽しくなっていくでしょう。

また、経験を生かしてさらなるステップアップを目指すことも可能です。

たとえばツアーの旅行プランを計画するツアープランナーになったり、セールスや企画の仕事を兼任する人、さらに実力が認められて旅行代理店のマネージャーになる人もいます。

もちろん、ベテランのツアーコンダクターとしてずっと働き続けることもできます。

これまでコツコツと積み上げてきたものを明日の仕事に活かすことができ、自分の成長も感じやすいところが魅力といえるでしょう。