ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの仕事とは

ツアーコンダクターは、旅行会社のパック旅行や団体旅行に同行し、旅行客の案内をする仕事です。「添乗員」と呼ばれることもあります。

旅行会社に所属して働く人もいれば、ツアーコンダクター専門の派遣会社等に登録し、ツアーごとに依頼を受けて働く、いわゆるフリーランスのツアーコンダクターもいます。

ツアーコンダクターの仕事は、出発前の事前準備から旅行中のサポート、終了後の報告書作成やアフタフォローまで多岐に渡ります。

ツアーの企画や宣伝、参加者募集は旅行会社のそれぞれの専門部署の仕事ですが、行き先と参加者が確定した後は、そのツアーに関わるほぼ全ての手配やサポート業務を自分が担当するイメージと言っても良いかもしれません。

ツアーコンダクターの業務の内容

ツアーコンダクターの仕事は、担当するツアーの手配やサポート業務全体です。

業務はツアー中のアテンドだけでなく、事前準備やアフターフォローまで含まれることも往々にしてあります。

具体的な業務内容はツアー内容によっても異なりますが、ここでは一般的な業務について紹介します。

事前準備

自分が添乗するツアーが決まったら、まず旅行会社の関係部署と打ち合わせを行い、旅行先の情報を調べたり、航空券やツアー客のリストを確認します。

ツアー参加者の中に特別なサポートが必要な参加者がいたり、事前に確認しておく必要がある内容が生じた場合、ツアー開始前に参加者に連絡を取ることもあります。

また、必要に応じて現地団体への連絡などの事前準備をサポートすることもあります。

必要があれば現地のスタッフに自ら確認をとることもあります。

各種手配・サポート

ツアーの集合場所に着くと、ツアー名簿を確認しながらツアー客が揃っているかどうか確認をとります。

その後、旅行中の注意事項を説明したり、空港での出入国手続きのサポートを行います。

目的地に到着した後は、ホテルでのチェックインやチェックアウト、現地スタッフと観光スケジュールの打ち合わせ、ツアー客に対しての観光案内、また自由行動の注意点や集合場所についての説明などを行います。

ツアー客が自由に観光や買い物をしている間も、休む暇はありません。次の目的地への準備や事務作業など、さまざまな業務があります。

トラブル対応

ツアー客からの問い合わせや要望に随時応えていくことも大事な仕事ですし、万が一体調を崩した人がいたら、すぐに様子を確認したり、現地の病院を紹介するなどをして対処します。

とくに海外旅行では盗難などのトラブルが起こることも多いため、常に気を配っていなくてはなりません。

まれに、ツアー終了後に生じたトラブルの対応が必要になることもあります。

現地に忘れ物をしたという問い合わせや、あとからクレームが入った場合など、実際にアテンドしたツアーコンダクターでなければ対応できない問題が生じた場合などです。

ツアー終了後

無事にツアーが終わったら、報告書の作成を行います。

ツアー中に起こった出来事やトラブルなどは、すべて書類にまとめて会社に報告します。

ツアーコンダクターの役割

ツアーコンダクターは、英語で書くと「tour(旅)」の「conductor(案内人)」という意味になります。

交通、食事、観光、宿泊などがセットになった「パッケージツアー」のような団体旅行に同行し、ツアー客に旅を案内していくことがツアーコンダクターの役割。

旅先での安全を確保することはもちろん、観光情報を提供したりしながら、楽しい旅になるようさまざまなお手伝いを行います。

大勢のツアー客をまとめる立場になるため、リーダーシップを発揮しなくてはなりません。

ツアー客はお金を払ってツアーに参加しているため、ツアーコンダクターにさまざまな意見や要望をぶつけてくることもあります。

中には、応えるのが難しいことを言われることもあるかもしれません。

また、若い人からお年寄りまで、さまざまな職業や価値観を持つ人を相手にするため、苦労を感じることもあるでしょう。

それでも、ツアーコンダクターはいつも親身になって対応し、ツアー客から信頼される存在でいる必要があります。

ツアーコンダクターの勤務先の種類

ツアーコンダクターの主な就職先は旅行会社です。

中でも、自社でツアーを企画・実施しているようなある程度企業規模の大きな旅行会社が主となります。

就職する旅行会社よって、国内旅行や海外旅行を専門としている会社、修学旅行や社員旅行を受注する会社など、扱っているツアー内容はさまざまです。

大手の旅行会社ではパック旅行の添乗だけでなく、会社や学校などへ営業に出向き、団体旅行をみずから受注してツアーの企画から携わることもあります。

旅行会社の他にも、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録したり、フリーランスの添乗員として働くことも可能です。

ただし、その場合はツアーコンダクターとして、あるいは旅行業界での経験や実績が問われることも多く、未経験から派遣やフリーランスとして独り立ちするのはなかなか困難な現状もあります。

ツアーコンダクターの仕事の流れ

ツアーコンダクターとしての仕事には、主にツアー前・ツアー中・ツアー後の業務があります。

ツアー前

ツアー前には参加者への情報提供や現地の団体との調整、ツアー全体のスケジュール確認など、当日スムーズに進めるための事前調整があります。

ここでの調整がツアー全体の成功に関わりますので、大変重要な業務です。

ツアー中

ツアー中の仕事は、最もイメージしやすいものと思います。

施設の入退場やホテルのチェックイン・チェックアウト、参加者の食事の手配など、参加者の生活や観光に必要な手続きを一手に引き受けます。

その他、参加者の相談に乗ったり、トラブルに対応したりという仕事もあります。

ツアー後

ツアー後には、ツアーについて報告書をまとめ、催行会社に提出します。

必要時には精算や事後調整が伴うこともあります。

何もトラブルがなければ、事後手続き終了後、ひとつのツアーについて業務終了となります。