ツアーコンダクターの求人・就職の状況

ツアーコンダクターの就職先にはどんなところがある?

元々、ツアーコンダクターの就職先といえば「旅行会社」が代表的な存在でした。

旅行会社は自社でパッケージツアーを企画し、その運営を自社の社員であるツアーコンダクターが行うという形です。

しかし、近年はツアーコンダクターの派遣を専門に扱う派遣会社が増えてきました。

その結果、自社で正社員のツアーコンダクターを雇わず、専門の派遣会社に仕事を依頼するケースも増えています。

場合によっては、アウトソーシングした方がコストが抑えられることも多いからです。

ツアーコンダクターの場合、派遣会社への登録も、未経験でも可という場合が多いようです。

どちらに就職した場合にも、就職後に研修をうけ、資格取得のサポートを受けることができます。

ツアーコンダクターの求人の状況

ここしばらく、ツアーコンダクターの外注化が進んでいます。

そのため、正社員でのツアーコンダクターの募集は減少していると言わざるを得ません。

ですが、その分ツアーコンダクターの派遣会社は増えてきています。

中には、海外ツアーを専門とし、高い語学力や対応力を売りとしている派遣会社もあります。

パッケージツアーの参加者には中高年が多いですが、長寿化の影響もあり、パッケージツアーの需要は衰えを見せません。

そのため、雇用形態は変わっても、ツアーコンダクターの求人がなくなるという心配は今のところなさそうです。

また、どうしても旅行会社の正社員でツアーコンダクターをしたいという人は、一旦別職種で入社し、その後異動希望を出すという方法もあります。

営業や企画などさまざまな職種を経験する中で、希望や適性が認められれば添乗業務に携われる可能性もゼロではありません。

ツアーコンダクターの志望動機・面接

ツアーコンダクターの志望動機で重視されるのは、ツアーコンダクターでなければいけないという強い意志があるかということ、そして、憧れだけで志望していないかということです。

ツアーコンダクターは、外から見ているよりもずっと業務も責任も多く、大変な仕事です。

「旅行しながら仕事になるなんて楽しそう」という気持ちだけでなく、それに付随する大変さも理解し、その上で志望しているということがしっかりと伝わるような志望動機である必要があります。

また、ツアーコンダクターは参加者と接する時間が大変長く、与える印象がとても重要な仕事です。

面接では、身だしなみや言葉遣いはもちろん、笑顔や声のトーンなど、人に与える印象をチェックされているということを意識し、好感を持たれるような振る舞いを心がけると良いでしょう。

ツアーコンダクターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ツアーコンダクターの求人は、他の多くの職業と同じように、ハローワークや求人サイトなどに出されています。

雇用形態や応募条件、国内業務か海外業務かなど、様々な募集がされていますので、細かな条件をしっかりと確認して応募することが大切です。

派遣社員や契約社員の場合は月給制、派遣社員の場合は日給制が多いようです。

また、ツアーコンダクター専門の派遣会社では、常に登録者を募集している会社もあります。

希望する会社が決まっている場合は、直接公式サイトなどで募集状況をチェックしてみても良いでしょう。