ツアーコンダクターになるには

ツアーコンダクターになるまでの道のり

ツアーコンダクターになるには、大きく分けて2つの方法があります。

ひとつは旅行会社に就職すること、もうひとつはツアーコンダクター専門の派遣会社に登録することです。

いずれの場合でも、入社・登録後には、まず研修を受けて旅程管理主任者の資格取得を目指します。

資格取得後、本格的にツアーコンダクターデビューとなります。

最初は国内、中でも近場の短時間のツアー添乗からはじめ、少しずつ実績を積んで長めのツアーを担当していく流れとなります。

海外ツアーの添乗には語学力と、より高い問題解決能力が必要になりますから、ある程度業務になれ、経験を積んでから任されることが多いようです。

ツアーコンダクターの資格・難易度

ツアーコンダクターとして働くためには、「旅程管理主任者」という資格を取得します。

この資格は、ツアーにひとりで添乗するために必要な資格です。

この資格がなくてもツアーの添乗自体は可能なのですが、ひとりで添乗するためには資格が必要です。

ツアーコンダクターになるにはほぼ必須の仕事ということができるでしょう。

「旅程管理主任者」資格には、「国内旅程管理主任者」と「総合旅程管理主任者」の2種類があります。

「国内旅程管理主任者」は国内旅行のみしか取り扱うことができませんが、「総合旅程管理主任者」を取得すると国内に加え、海外での添乗もできるようになります。

ツアーコンダクターの資格(旅程管理主任者)

ツアーコンダクターになるための学校の種類

ツアーコンダクターは、特別な学校を出ていなければなれないという職業ではありません。

ただし、特定の大学や専門学校等で観光や語学に関わることを学んでおくと、就職時に有利になることもあります。

例えば、観光系の専門学校、あるいは外国語系の専門学校が候補として挙げられます。

中には「ツアーコンダクター専攻」といった学科を設けているところもあります。

あるいは、観光学部など、観光やホスピタリティに特化した学部のある大学で学ぶという方法もあります。

専門学校の場合、幅広い知識や一般教養を身につけるというよりも、観光知識や添乗実務に関する実践的なスキルを学ぶことが中心となるため、卒業後は即戦力としての活躍が可能です。

一方大学では一般教養など幅広い知識を身につけることができます。これは、実際にツアーコンダクターとして勤務中、様々な場面で役立つでしょう。

ツアーコンダクターになるための学校と学費(大学・専門学校)

ツアーコンダクターに向いている人

ツアーコンダクターとして活躍するためには、様々な力が求められます。

特に次のような特徴のある人は、ツアーコンダクターに向いているといえるでしょう。

統率力

旅行中は大勢のツアー客をまとめることになるため、統率力が求められます。

人に対して明るく親切に接するだけでなく、時間や安全を守るためにリーダーシップを発揮しなくてはなりません。

冷静さ

旅行中はトラブルが起こることも多いため、どんな状況でも冷静に対応できる精神力が必要です。

旅行好きであること

ツアー中は参加者の様々な要望に応えたりトラブルに対応したりと、大変なことも多々あります。

仕事が大変で辛くなった時も、旅行が好きという気持ちは何度でも仕事へのモチベーションを高め、やる気を生み出してくれるでしょう。

ツアーコンダクターに向いている人・適性・必要なスキル

ツアーコンダクターのキャリアプラン・キャリアパス

ツアーコンダクターとして入社後は、まずは日帰りの近距離ツアーから添乗することになります。

その後少しずつ実績を積んでいき、スキルが認められれば長いツアー、あるいは海外ツアーの添乗が可能となります。

ある程度ツアーコンダクターとしての実績とノウハウを身につけた後のキャリアプランはひとそれぞれです。

そのままその企業内でツアーコンダクターの仕事を極める人もいますし、現場は離れて、ツアーの企画や広報といった別部門で経験を生かし活躍する人もいます。

あるいは、フリーランスとして独立し、さらに幅広いキャリアを模索する人もいます。

フリーランスとして働く場合、派遣会社へ登録するだけでなく、それまでの経験を生かし自らツアーを企画・主催したり、学校や団体へツアーの提案をすることもあります。

ツアーコンダクターを目指せる年齢は?

ツアーコンダクターとなるために年齢制限は特にありません。

しかし、ツアーコンダクターの仕事はタフです。

宿泊を伴うツアーの場合、参加者が眠っている間にも翌日の準備をしたり、トラブルがあった場合は対応したりと、24時間体制での対応が求められます。

勤務日もツアーの予定に左右され流動的であるため、毎日同じようなスケジュールで生活するということも困難です。

ツアー参加者の安全を守るためには、まず自分が常に万全な体制でいなければいけません。

これらの条件下でも、常に万全でいられる体力と気力が必要な仕事です。

そのため、ツアーコンダクターを目指す人には年齢的に若い人が多いのも事実です。

しかし、セカンドキャリアとして目指す人もいます。

セルフケアをしっかりできる人材であれば、年齢に関わらず目指し、そして活躍することができるでしょう。

ツアーコンダクターは高卒から目指せる?

ツアーコンダクターになるために、学歴は必要ありません。

高校卒業後すぐに企業に入社したり、派遣会社に登録したりしてツアーコンダクターになる人はたくさんいます。

同期デビューのツアーコンダクターにも、様々な年齢・バックグラウンドの人がいるでしょう。

ツアーコンダクターとなった後も、特に大学卒が有利とか、専門卒が良いということはありません。

ただし、大手旅行会社の場合、採用は専門学校卒(大卒)以上、と決めている企業も存在しています。

入社したい企業が決まっている場合は、その企業の採用条件を確認しておく必要があります。