哲学者の仕事内容

哲学者とは

哲学とは世界や人間についての知恵・原理を探究する学問のことをいいます。

したがって哲学を学んだり、研究したりといった活動を行っている人は皆、哲学者だという解釈も間違いではありませんが、ここでいう哲学者はそのような思考活動を何らかの形で生業としている人、つまり職業としている人のことを指すこととします。

研究職の一つ

哲学者は、哲学を研究した論文を発表することで業績を築いています。それがきっかけで講演を依頼されたり、ゆくゆくは書籍を発行したりし、その対価で生計を立てています。

そのほとんどが大学院で哲学を学んでいる学生か大学教授であり、研究機関から補助を受けながら研究活動を行っています。

つまり哲学者とは研究職の一種であるといえます。

教育者としての顔がメイン

哲学者の仕事の主たるものは教育機関での講義です。研究者が教育職に従事することは他の分野でもあることですが哲学も例外ではありません。

もちろん、実績がなければ就くことのできない立場であるため、このポストを目指しながら何年も過ごしている人も多いのが現状です。

学生時代に教員免許を取得し、一般の教員と同じように教鞭をとっている人も少なくありません。

教師として活躍している哲学者の中には専門を高等学校の倫理としながらも地理や歴史も教えている人もいます。

執筆活動を行う人も

哲学者の中には研究分野で大きな功績を残し、執筆活動を主たる活動としている人もいますがそれだけで生活できる人はごく少数です。

ほとんどの人が前述のような職業に従事する傍らで合間をぬって執筆を行っています。

売れ行きに関わらず書籍を出版したことによって哲学者を名乗れるという側面もあるようです。

企業戦士としての哲学者

哲学とは広義であらゆる事象を「考える」学問です。その思考活動を「企画を立てる」分野で生かそうと考え、一般企業の企画分野で活躍している人もいます。

ただし、この場合、一般の会社員として職業に従事するわけですから、業務内容は多岐にわたり、すぐには自身の学問の成果を生かせない場合がほとんどです。

また、自身の哲学で起業し、成功した実業家の著作が多くのビジネスマンに支持されるということもあります。結果、メディア露出が増えることで収入を得る人もごくまれにいます。