女性のソムリエ(ソムリエール)

ソムリエールとは?

ひと昔前までは、ソムリエの仕事は男性に限るとするレストランもあったといわれていますが、これはワインの瓶が重たいということも関係していたようです。

ただ、現在ではそうした制約はほとんどなくソムリエとして活躍する女性は多くいます。

女性のソムリエのことを「ソムリエール」とも呼び、ソムリエールを目指して勉強する女性も増えてきています。

1982年〜2014年までのソムリエ資格累計合格者の男女比では、男性54%、女性47%と女性がやや少ないもののほぼ同数となっています。

女性が活躍できる仕事

ソムリエという仕事は、ワインに関連した知識や技術を身につける必要がありますが、それ以前に大切なのがお客さまをもてなすためのサービスに関する知識や技術を身につけることも大切です。

こうした点においてソムリエは、女性の細やかな心配り、気配りを活かすことができる仕事だということができるでしょう。

どちらかというと男性の仕事というイメージも強いソムリエですが、女性の感性を活かして活躍することができる仕事でもあるといえます。

ただ、女性の場合はソムリエの仕事に限らず結婚や出産によって職を辞さなくてはならないということもあります。

ソムリエの場合、メインとなる勤務時間帯はよるとなります。こうした勤務時間の都合上、家事や育児との両立を考えると仕事を続けることが難しくなってしまうケースもあるでしょう。

とはいえ、職場によっては産休、育休制度が整っているところもありますし、何といってもソムリエの資格は一生ものなので、一度職を離れたとしてもまたソムリエールとして再就職することも可能です。

ソムリエールの第一人者

女性がソムリエになるというのは、昔はなかなか厳しかったといわれています。

そんな時代にソムリエールの道を切り開いたといわれているのが、故・野田宏子氏です。ソムリエールを目指す女性なら知っておきたい女性の一人です。

同氏は、1985年に女性では初となるソムリエの資格を取得。これまでに数々の有名ホテルでソムリエとして働いた経験を持っています。

その後、2000年にはワインの輸入販売会社を設立、さらに2004年にはワインブティック「ヴィナリス」を東京・銀座にオープンしています。

2013年に惜しまれながらもその生涯を終えた同氏ですが、ソムリエールの第一人者としての苦労はたくさんあったといいます。

ただ、「それ以上に自分が身につけてきた知識や技術によってお客さまを喜ばせることができた時の喜びは大きい」と同氏は語っています。

ソムリエ男女比:http://www.wine-jyuken.com/sommelier/passing(ワイン受験.co)より引用