小説家の仕事内容

仕事内容

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなどのジャンルがあり、ほとんどの小説家は1つのジャンルの小説しか書きません。

書籍や雑誌だけではなく、近年は携帯小説やWEB上の小説など、発表の場が増えてきています。

小説家の生活スタイル

小説家は小説以外にもさまざまな仕事を請け負っていますが、小説を書くためのスタイルというものを各作家が確立しています。まず、ほとんどの小説家に共通していることは、小説を書く時間を決めているという点です。

小説家は自由業という括りになるのかもしれませんが、出版されれば本が売れ、印税という生活の糧となる収入が入る立派な仕事でもあります。普通の会社員の方は月曜日から金曜日まで毎朝決まった時間に起きて、決まった時間を仕事しています。時には残業、休日出勤ということもあるかもしれません。

小説家の方もなんら変わりはありません。というよりも、変わらないように努力しているということです。毎朝決まった時間に起きて、最低何時間は椅子に座ってパソコンを眺めている。もちろんアイデアが思い浮かばなくて書けなくてもです。

そして自分の中で定時を決めて、それ以降は小説には手を付けません。その執筆時間はもちろん作家によって異なりますし、朝型の人もいれば夜型の人もいます。月刊誌を出している出版社に帰属しているのであれば、穴が空いた時に急な執筆依頼が舞いこんでくるときもしばしばあります。一週間を切ったぎりぎりの段階で原稿用紙40枚書いてくれなどという依頼もあります。

その時は会社員同様残業しますし、定めた休日を返上して執筆を行います。

このように、小説家もサラリーマンとして規則正しい生活を心掛けるよう生活スタイルを個々に確立しています。自由気ままに書いていると思っている方がいましたら、少し小説家に対する考え方が変わったかもしれませんね。