消防士の仕事内容

消防士の主な任務 消防士(消防官)は、地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全を守る仕事です。 消防士は「消火」、「救助」、「救急」、「防災」、「予防」の5つの活動が主な任務となります。 … 続きを読む

消防士の1日

ある消防士の1日の流れ 8時30分 消防士の1日は、勤務につく消防士と、いままで勤務していた消防士の交代を行うところからスタートします。一般でいうところの申し送りに相当します。 前日の業務について連絡事項があれば逐一聞き … 続きを読む

消防士と消防団員の違い

日本の消防組織 消防士と似た名前を持つ仕事として「消防団員」というものがあります。 この両者について混同されてしまうこともしばしばあるようですが、役割や業務内容などには明確な違いがあります。 まずは、日本国内の消防組織に … 続きを読む

消防官(消防士)の階級

消防官(消防士)の階級の概要 消防官の階級は、火災発生と同時に現場へ急行し消火の任務にあたる「消防士」から、トップの地位にある「 消防総監」まで以下のとおり10の地位に分かれています。 消防庁の組織内の階級とは別に、総務 … 続きを読む

消防士が行う訓練

消防士は、日々さまざまな訓練を行うことによって身体を鍛え、技能レベルを向上させています。 ここでは、消防士が行う訓練のうち代表的なものを紹介します。 消火・救急訓練 火事や地震に備えて行う出動や救助訓練といった基礎的な訓 … 続きを読む

1年目の消防士

1年目は吸収の時期 消防士として採用されると、まずは消防学校で半年から1年程度の時間を過ごし、消防官としての技能を身につけていきます。 その後、いよいよ各消防本部で消防士としての任務に就くことになりますが、いくら消防学校 … 続きを読む

災害現場、救助で活躍する消防士

消防士は災害現場でも活躍 2011年に東日本大震災が発生した際、オレンジ色の救助服を着たレスキュー隊が犬を連れ、倒壊した家屋などから救助活動を行なっている様子がテレビで何度も放映されました。 大型車両の運転や救助資機材の … 続きを読む

レスキュー隊(特別救助隊)とは?

レスキュー隊の役割 レスキュー隊は正式名称を「特別救助隊」といい、消防吏員(消防官)で構成された人命救助の専門部隊を指します。 レスキュー隊は各自治体の消防署に配置されており、交通事故・火災・自然災害などの幅広いシーンで … 続きを読む

消防士の現状と将来性

年々需要の高まる消防士 消防士の需要は、年々高まっているようです。 鉄筋コンクリート造の建物が増え、燃えやすい木造家屋が急激に減少し続けているにも関わらず、全国的に消防の出動件数は大きく減少することはなく、一部の消防署で … 続きを読む

消防士と消防官の違い

消防士と消防官の違いとは? 消防士と消防官、どちらも日常的に使う言葉ですが、その正確な違いを知っている人はあまり多くありません。それぞれの言葉の意味と由来は以下のようになります。 消防士 消防士とは、「消防吏員(しょうぼ … 続きを読む

消防の組織

自治体と消防組織 日本の消防組織は消防組織法に沿って構築されています。 消防組織法には消防の職務範囲や教育訓練についてなど数多くの重要なポイントが記されていますが、中でも法律の根幹となるのが自治体消防についてです。 消防 … 続きを読む

アメリカの消防士

アメリカでも最も勇敢な消防士 消防士は英語で「firefighter」といい、子どもから大学生までの憧れの職業となっています。消防士の人気が非常に高い点は世界中どこも一緒のようです。 また、アメリカでは人気があるというだ … 続きを読む

消防士のトレーニング

消防士とトレーニング 消防士は日々過酷なトレーニングを積んでいます。多くの消防士は24時間勤務と非番を繰り返す勤務体制で不規則な生活になりがちと言われていますが、そうした中でほぼ毎日筋力や持久力を保つための厳しいトレーニ … 続きを読む