消防士の現状と将来性

年々需要の高まる消防士

消防士の需要は、年々高まっているようです。

鉄筋コンクリート造の建物が増え、燃えやすい木造家屋が急激に減少し続けているにも関わらず、全国的に消防の出動件数は大きく減少することはなく、一部の消防署では人員不足となっているケースも見られます。

また、消防士は火事に対処するだけでなく、台風による洪水・地すべりや、地震による家屋の倒壊などの災害が起こった際にも、真っ先に現地に向かわなくてはなりません。

消防士として経験を積んだうえで、救急救命士として活躍する人もいます。

実際、近年では地震や津波などの大規模な災害が頻繁に見られ、その度にレスキュー隊を始めとする消防隊員が現地に急行し、救命活動に当たっています。

「地震大国」といわれ、首都圏直下型地震や東南海地震などが懸念される今日の日本。消防士の需要は全国的に高まっており、今後もこの状況は大きく変わらないといえるでしょう。

いつの時代も消防士は必要

「消防士」「警察官」「医師」など、人間の生命活動や生活環境に関わる職業はいつの時代もなくなることがありません。世の中の好景気・不景気に関わらず必ず仕事があるため、やはり安定した職業といえます。

他人にはない技術や知識で生計を立てることを「手に職をつける」といいますが、消防士や医師などの仕事は、そうした意味では究極の「手に職」といえるでしょう。

また、自分の体や技能をフルに活用して人の命や財産を守ることは、ほかにはない達成感をやりがいを感じられるものです。

最近では「公務員削減」の流れもありますが、この先も、消防士が極端に削減されるとは考えにくいです。

というのも、消防士が日ごろ行っている業務のほぼ全ては消防士にしかできないものであり、担っている責任の重さや使命も非常に大きなものだからです。

危険をともなう仕事だからこそ、手厚い待遇の下で働くことができるのです。

民間企業が軒並み苦しい現代社会のなかで、消防士は非常に安定性と将来性のある職業のひとつだといえるでしょう。