消防士と消防官の違い

消防士と消防官の違いとは?

消防士と消防官、どちらも日常的に使う言葉ですが、その正確な違いを知っている人はあまり多くありません。それぞれの言葉の意味と由来は以下のようになります。

消防士

消防士とは、「消防吏員(しょうぼうりいん)」で定められた最も下位の階級です。消防吏員とはあまり耳慣れない言葉ですが、各自治体の消防署に所属する消防隊員のことです。

消防署には119番の通報を受けて現場に急行して消火活動を行う人や、署内で消防車に指示を出す人、全体の指揮を取る人などさまざまな役割の人が働いていますが、そうした人を全部まとめて消防吏員と呼ぶことが消防組織法で定められています。

消防士はその中でも最下位の階級で、警察官でいえば「巡査」に当たります。

消防官

「消防官」は消防士の俗称です。

法律上には消防官という呼び名は存在せず、警察官に対応する形で消防士を消防官と呼び始めたのではないかといわれています。

私服警官のことを刑事と呼ぶように、消防官はオフィシャルではない消防士の呼び方の1つです。

「消防官」は言わない方が無難?

消防官は法律上正式な呼び名ではありませんので、消防学校などの面接の際、「消防士」「消防官」「消防吏員」のどの呼び方を使えばよいのか、迷ってしまうこともあります。

最も無難なのはやはり消防組織法に明記された消防吏員ですが、たとえば東京消防庁では採用試験の際に「消防官採用試験」としており、一般的に広く認知されている言葉として消防官もオフィシャルな場で使われています。

ですので、そこまで深く考えず、馴染みのある言い方を使えば問題ないでしょう。

ただし、面接などで消防官・消防士・消防吏員を混ぜて使うのは止めたほうがよいでしょう。

「違いをあまり勉強してきていないのかな」という印象を与えてしまいかねません。どれか1つに統一して話したり書いたりすることが求められます。