消防士になるには

消防士採用試験を受験する 消防官になるためには、各自治体が実施する「消防士採用試験」に合格する必要があります。 採用自体も自治体ごとに行われます。地域によって採用試験の日程や試験内容などに違いがあるため、自分が受験したい … 続きを読む

消防学校の生活、学ぶこと

大切な基礎訓練 消防官として採用されると、最初の段階で必ず入ることになる消防学校。 そこでは体力練成をはじめ、消防活動に必要な機材・機器の取扱い、消火活動訓練、心肺蘇生法など、消防士として活躍していくうえで必要な知識と技 … 続きを読む

消防士採用の状況

消防士採用試験の流れ 平成27年時点での消防職員の数は162,124人となっており、最近、その数は毎年増加傾向にあります。 需要の大きな仕事といえますが、消防士の採用活動については各自治体が独自に実施しているため、詳しい … 続きを読む

消防士採用面接試験について

消防士採用試験における面接とは 消防士の採用試験では、大きく分けて「筆記試験」「体力試験(身体検査)」「面接試験」の3種類の試験が行われています。 たとえば東京都の場合、第1次試験として筆記試験が、第2次試験として身体・ … 続きを読む

消防士になるための専門学校、スクール

消防士の専門学校・スクールとは? 消防士になるためには、各自治体の消防官採用試験を突破する必要がありますが、この試験の倍率は地域によっては20倍を超えるケースもあります。 筆記試験自体の難易度はそこまで高いものではないも … 続きを読む

消防士(消防官)採用試験の体力試験

消防官採用試験の体力試験とは 各自治体が実施する消防官採用試験では、「筆記試験」や「面接試験」のほかに「体力試験」が設けられています。 消防士は常に自分の身を危険にさらしながら人命を救助する仕事であるため、業務を遂行する … 続きを読む

消防士の志望動機

消防士の志望動機のポイント 全国の自治体が実施する消防官採用試験のほとんどでは面接や作文が行われ、志望動機が聞かれないことはまずあり得ないでしょう。 消防士の志望動機を文章で書く、または口頭で伝える際のポイントをいくつか … 続きを読む

消防士の専門系採用

専門系の消防士とは? 消防士採用の区分は通常、どの自治体においても「Ⅰ類(大卒程度)」「Ⅱ類(短大卒程度)」「Ⅲ類(高卒程度)」といった試験の難易度別で分けられていますが、東京消防庁ではこれらの区分に加えて「専門系」とい … 続きを読む

消防学校、消防大学校とは?

消防学校とは 消防学校とは、各自治体の消防士を教育・訓練するための機関です。 各都道府県に1つ置かれており、(ただし、東京都は東京都消防訓練所、東京消防庁消防学校がある)原則として6ヶ月間の研修が全寮制で行われます。 消 … 続きを読む

消防士に関連する資格

消防士になった後に取得する資格 消防士が職務の中で求められる知識やスキルは、非常に幅の広いものとなります。 消火活動における技能や医学的知識はもちろんのこと、危険物の取り扱いや大型自動車の運転なども必要になるケースがあり … 続きを読む

女性消防士の状況

消防士は女性でもなれる? 消防士は強靭な体力が必要な職業であるため、どうしても男性職というイメージが強いかもしれません。 実際、消防官全体で見たとき女性の割合はわずか数パーセントほどですが、最近ではどこの自治体でも女性の … 続きを読む