消防士(消防官)採用試験の受験資格・年齢制限

消防官採用試験とは?

消防士になるためには、まずは消防官採用試験に合格する必要があります。

消防官採用試験は各自治体で実施しており、それぞれ試験会場や試験の時期、採用人数などが異なります。

まずは自分の住む自治体ではどんな形式で消防官採用試験を行なっているのか、調べてみましょう。

また、自治体によっては消防官採用試験に学歴を基準とした枠が設けられています。

大学卒程度のⅠ類(上級)、短大卒程度のⅡ類(中級)、 高校卒業程度のⅢ類(初級)など、各自治体によって呼び名が異なります。

また、建築や化学、法律などの専門知識を問う専門系の枠が設けられている自治体もあり、それぞれ採用人数や試験の形式などが異なりますので、注意が必要です。

その他、消防士は建築学や医学などの知識だけでなく体力が必要不可欠です。そのため、消防官採用試験では筆記試験とは別に、体力テストが設けられています。

消防官採用試験の受験資格・年齢制限は?

消防官採用試験は一般的な公務員試験とは別の受験資格や年齢制限が設けられています。

消防士は体力が非常に重要な要素ですので、一定の年齢を過ぎた場合や視力が極端に悪い場合など、採用試験自体を受験できないことがありますので、各自治体の情報を事前にチェックしておきましょう。

具体的な受験資格・年齢制限は自治体によって異なりますが、参考までに東京都の消防官採用試験では以下のようになっています。

<年齢制限>
Ⅰ類:22歳以上30歳未満、または21歳以下の大学卒業者(卒業見込も可)
Ⅱ類:20歳以上30歳未満
Ⅲ類:18歳以上30歳未満
専門系:Ⅰ類と同様

<身体的受験資格>
身長:160cm以上
体重:50kg以上
握力:40kg以上
胸囲:身長のおよそ半分以上
聴力:正常
肺活量:3000cc以上
視力:裸眼視力0.3以上かつ色覚が正常

どの自治体においても同様の制限がありますので、自分が希望する自治体の受験資格を事前に調べておいたほうがよいでしょう。